かずぞうパパの山歩記

近畿一円の山行記 最近は大峰・台高が多いかも

2017年4月23日(日)

RIMG9200_R
堂倉滝 滝壺は台高ブルー


大台ケ原ドライブウェイの冬期閉鎖が解除された最初の週末、大台ケ原から大杉谷に行ってきました。


メンバー:山モンさん、かずぞうパパ

RIMG9122_R RIMG9123_R
ご来光に赤く染まる大台ケ原を朝5時出発

RIMG9128_R 2017_0423_053632-P4238112_R
日出ヶ岳山頂

RIMG9130_R
尾鷲の海

RIMG9127_R
朝日に染まる大峰オールスターズ

堂倉滝1 RIMG9152_R
堂倉滝                                                       光滝

RIMG9155_R RIMG9157_R
RIMG9159_R
大崩落地  よくこんなとこ整備したわ

RIMG9162_R RIMG9163_R
台高ブルー1
台高ブルー

RIMG9165_R
七ツ釜吊橋

RIMG9170_R
七ッ釜滝

RIMG9180_R RIMG9177_R
桃ノ木小屋 ここで折り返し

RIMG9208_R RIMG9210_R
大台ケ原に戻ってきました

RIMG9218_R
正木ヶ原

RIMG9220_R 2017_0423_154520-P4238185_R
下山


清津峡、黒部峡谷と並ぶ日本三大峡谷の一つ、大杉谷。その上半分に行ってきました。
朝5時に大台ケ原駐車場を出発。まずは最高峰の日出ヶ岳へ。
これまで大台ケ原にはあまりご縁がなく、昨年は三回も大台ケ原まで来ているのに日出ヶ岳登頂は今回が初めて。これで日本百名山は11座になりました。
山頂は360度の展望。目の前に尾鷲の海、西側には台高オールスターズ。日によっては富士山も見えるようでそんな素敵なピークにたった30分歩くだけで立ててしまう日出ヶ岳。200台も停められる駐車場が朝5時に半分も埋まっていた理由が分かりました。そして何故これまでご縁がなかったのかも。
2時間かけて堂倉滝まで標高差900mを下りて行きました。ここからはエメラルドグリーンの渓谷歩き。岩場が多いものの2004年の水害で被害を受けた光滝付近の大崩落地は見た目はすごいものの完璧に「登山道」が整備されていました。登山道の岩は表面が平らに削られており、個人的にはやや過剰整備に感じました。
光滝付近から桃ノ木小屋泊まりの登山者、七ッ釜滝付近からは登山口出発の日帰りハイカーと出会うようになりました。堂倉滝までのピストンなら日帰りですべての滝を見られるのでピークハントに拘らないのであればそれで十分だと思う。
桃ノ木小屋には9時半に到着。ここから大台ケ原まで登り返し。後半が全て登りなのできついかと思っていましたが登山道は歩きやすいし、急登もないので意外に楽々で登り返してしまいました。日出ヶ岳に戻ってきたのがまだ14時だったので正木ヶ原~尾鷲辻を経由して駐車場に下りました。
初めての大杉谷。今回は上半分でしたがシシ淵には是非行ってみたい。もちろんヒルがいない時期に。


 


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

2017年4月16日(日)


RIMG9110_R
コミツバツツジ咲く西タツガ岩より岩湧山を望む


 4月2日に予定されていた岩湧山の山焼きが翌週に延期され、4月9日も朝は雨だったので四季彩館HPに「今年の山焼きは中止」と表示されたのを見ていたのですがその後表示が消えた一方、某氏のヤマレコに「順延」との情報がアップされていたので山焼きが見られるかもしれないと思い岩湧山へ。


メンバー:かずぞうパパ(単独) 


山焼きをどこから見ようか?一徳防三角点、猿の前栽、南曼荼羅岩、西タツガ岩いろいろ考えながら9時半過ぎに四季彩館に入って館長に尋ねたら「今年は中止よ!」
ヤマレコ情報元の信頼性がやや怪しかったのですがやっぱり誤報かー。 
それならばと別のミッションを遂行するため取り敢えず林道滝畑線を歩いて西タツガ岩へ。 
RIMG9106_R
 林道から見た西タツガ岩

RIMG9107_R
 岩場に咲くコミツバツツジ

RIMG9109_R   RIMG9111_R
今日は日差しがきつくて暑い

  RIMG9114_R
亀さんがどうして左に寄っているかは・・・ナイショ

RIMG9115_R   RIMG9116_R
蛙岩 巻道から上がってきた男性と少し立ち話

タツガ岩でランチのつもりだったけれどまだ少し時間が
早いので岩湧山頂でお昼ごはんにしようときゅうざかの道から岩湧山へ

RIMG9118_R   RIMG9119_R
うーん、そんな簡単に壊れるわけないよねー

岩湧山頂なら誰か居るかもしれないと見渡すと、居ました居ましたポンさんご夫妻。
仲良くランチしているところにお邪魔してしばらく談笑。
その後一緒に下山しました。
下山後の四季彩館でダラダラしていたらミツマタ群生地から帰ってきたしなさんにもお会いすることが出来ました。

岩湧山頂_R 四季彩館前_R
みなさん、シェーが大好きのようで(笑)
(写真はポンズさんのヤマレコからパクりました)


元々は山焼きを見るために思いつきで向かった岩湧山でしたが思わぬ出会い、楽しいひと時を過ごすことができました。


IMG_1024_R  IMG_1023_R 
調査ミッションも完了
違い分かるかな?




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2017年4月15日(土)時々

RIMG9093_R
初めての山天ぷら

メンバー:ふーさん、山モンさん、かずぞうパパ

普段は行動時間を確保するため、特に冬期は体を冷やさないため、「山メシ」は簡単短時間で済ませることが多いのですが、今日は山メシがメイン。
この時期だけ採れる山菜を食べる分だけ採取してそのまま山頂で料理して食しちゃおう企画。

2017_0415_063946-P4157982
山メシ企画でも本日の行程は17km、登山口にたどり着くまで約1時間半!
 
RIMG9098_R RIMG9099_R
スタートから5時半かけて山頂到着 さあクッキング開始

RIMG9094_R RIMG9089_R
タラの芽を天ぷらに ふーさん手製のコンロ台は抜群の安定感

RIMG9088_R 2017_0415_124702-P4158008
コシアブラはまだ小さかったけど刻んでコシアブラご飯に

2017_0415_140541-P4158018 2017_0415_140636-P4158021
全員アルコールは入っていません、・・・念のため


今年の冬は雪が多かったので花の時期が遅れているという情報が飛び交っており、少し不安があったのですが、山菜採り+山メシ企画を決行。
タラの芽は第一芽の大半が狩られていた一方、コシアブラは少し時期が早かった。
それでも何とか食べるだけの山菜を採取、山頂クッキングへ。
山頂は風が吹いていましたがふーさん自作のコンロ台と風除けで火力は安定。山モンさん、山天ぷらは手慣れたもの。次々に揚がってくる出来立ての山菜天ぷらをおいしく頂きました。
コシアブラご飯はまだ小さい芽を刻んで作りましたが、小さくても香りはさすがコシアブラ。
春の味覚を堪能しました・・・が、もう一回ぐらい企画したいな











このページのトップヘ