かずぞうパパの山歩記

近畿一円の山行記 最近は大峰・台高が多いかも

2017年2月18日(土)

 2017_0218_122120-P2187216_R
石楠花の尾根ルートは踏み抜き祭り

先週は寒波による大雪で車が川合までしか行けなかったので延期していた厳冬期稲村ヶ岳チャレンジ
前日の高温+雨で積雪が減り難易度が下がると思っていたのですが・・・

メンバー:山モンさん、かずぞうパパ

 2017_0218_062920-P2187193_R 2017_0218_062935-P2187194_R
洞川の町では水分を含んだシャーベット雪に捕まり車がスタック
チェーンを巻いてもほとんど効果なし
母公堂までたどり着くことが出来ませんでした

RIMG8298_R
稲村ヶ岳登山口を計画の1時間遅れで出発

RIMG8301_R RIMG8302_R
五代松鍾乳洞出口の巌には氷筍がニョキニョキ

RIMG8312_R 
法力峠では母公堂出発の4人組パーティとお会いしました
四駆なら母公堂まで行けたようです

RIMG8315_R
法力峠から先はアイゼン+ピッケルで
一人分のトレースが付いていました

2017_0218_103119-P2187201_R 2017_0218_103123-P2187203_R
先月の大寒波の時は白かったマンモス君も今日は茶色

2017_0218_103734-P2187206_R RIMG8317_R
退屈な夏道を回避するため尾根に直登
結果的にこれは失敗でした

 RIMG8320_R2017_0218_110343-P2187208_R
久しぶりに踏んだピークは白倉山(1490m)

RIMG8323_R 2017_0218_122120-P2187216_R
尾根ルート(冬道)は石楠花地獄+踏み抜き地獄

RIMG8329_R
既に往路のタイムリミット(12:00)をオーバーしているので夏道に下ります

RIMG8332_R
鎖場が雪に埋まる夏道はノートレース
皆さんここまで到達しなかったようです

RIMG8335_R RIMG8338_R
本日のハイライト、急勾配のトラバース
橋にたどり着く直前でいきなりトレースが現れました
先行者はここまでで引き返したようです

2017_0218_131845-P2187219_R RIMG8342_R
ここから先は特に危険箇所も無くあっさり下山

RIMG8343_R RIMG8344_R
母公堂に下山         ごろごろ水源泉


厳冬期大峰シリーズは1月22日八経ヶ岳(大黒岩手前で撤退)、1月28日釈迦ヶ岳(二ツ岩で撤退)、2月11日天女の舞(栃尾辻で撤退)と撤退記録更新中。
今週は寒波が去り、積雪量も減っただろうから今日こそピークが踏めるんじゃないかと思っていましたが冬の大峰は甘くなかった。

早朝の国道309号に積雪は無く、虻峠も積雪・凍結は無かったので今日は楽勝かと思っていましたが洞川の町に入ると一転して水分を含んだシャーベット雪。寒波で大雪だった一週間前は積雪30センチでも何とか走れましたが今日は20センチでも車がスタック。チェーンを巻いても効果が無く「無駄な抵抗」でした。
何とかごろごろ水の採水場前までは行けましたがその先はさらに深いシャーベット雪で厳しそう。母公堂まで行くのは断念して稲村登山口付近に車を停めて計画より1時間遅れで出発。
稲村登山口を出発直後にいきなり迷走、またマンモス君を過ぎたところから夏道を離れ尾根に上って冬道を歩いたことが裏目に出て石楠花の尾根で踏み抜き祭り。雪質が悪いことも手伝ってなかなか前に進むことが出来ずタイムアップ。結局稲村小屋まであと300mの所で先に進むことを諦め夏道に下りました。
夏道にはトレースが付いているからすぐに分かるだろうと思っていたのですがトレースは見当たらず目に入ったのは雪に埋まった鎖場。法力峠の時点で先行していた単独行の人も法力峠で出会った4人組パーティもここまで到達しなかったようです。
尾根歩きの踏み抜き地獄で体力を消耗し、おなかがペコペコだったのでどうせもう誰も来ないだろうと夏道上でランチタイム。ランチ後は夏道を戻りました。往路の前半で原因不明の不調に悩まされていた山モンさんも調子を取り戻し、ちょっと危険な急斜面のトラバースも先週ふーさんに伝授された方法で難なくクリアして行きました。そのトラバースが終わる頃にいきなりトレースが出現。先行者はこのトラバースの途中?で引き返したようです。謎は下山後4人組パーティに偶然お会いすることが出来たので判明しました。トラバース通過の「やらせ写真」を撮影した跡だったようです(笑)
往路は悪戦苦闘しましたがトレースが付いた復路の夏道はスイスイで母公堂に15時に下山することが出来ました。
今日はスタート前からシャーベット雪の路面に悪戦苦闘、登山開始後も迷走に、踏み抜き地獄とコース選択が裏目裏目に出て稲村ヶ岳に近づくことさえ出来ず「撤退」記録を更新してしまいました。
厳冬期の大峰、すべてがうまくいったとしてもなかなか登頂は難しそう。
もう残り少なくなってしまった今シーズンの冬山登山。このまま終わってしまうのかー?



ヤマレコ



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

2017年2月11日(土)時々一時

2017_0211_133039-P2117101_R
ラッセルラッセル♪

先週に引き続き、ふーさん、山モンさんと3人で大峰の山へ。
当初は母公堂から稲村ヶ岳にアタックする予定でしたが、前日からの大雪で川合まで到着するのがやっとの状態だったのでさらに雪が深い洞川に虻峠を越えていくのは不可能と判断。
川合スタートの天女の舞へと行き先を変更しました。

 メンバー:ふーさん、山モンさん

2017_0211_064326-P2117077_R RIMG8225_R
天川村役場の駐車場で既に積雪30センチ
冬山アイテム「防寒テムレス」を新規投入
6時47分、駐車場を出発

RIMG8228_R 2017_0211_065346-P2117081_R
川合登山口への進入路 積雪約40センチ トレースなし

2017_0211_065354-P2117082_R
スタートからこんな感じ 
 
RIMG8234_R RIMG8235_R
最初の鉄塔から見た観音峰、稲村は雲に覆われていました

RIMG8236_R
みたらい渓谷

RIMG8239_R RIMG8243_R
雪が深くなってきたのでワカンを装着 尾根を直登します

2017_0211_092925-P2117089_R
二番目の鉄塔からはピッケル使用

RIMG8255_R 2017_0211_094241-P2117092_R
膝上ラッセルは当たり前、吹き溜まりでは腰上ラッセルも

RIMG8260_R RIMG8261_R
雪と風が作り出す芸術 いつもは単なる林道なんだけど

RIMG8272_R RIMG8275_R
強風が吹く尾根を直登 気温はマイナス5~6℃
先月の寒波と比べれば寒くない

RIMG8279_R RIMG8278_R
どこまでもモノトーンの世界

RIMG8283_R RIMG8282_R
12:03 5時間今日かけて栃尾辻に到着

RIMG8286_R 2017_0211_123642-P2117097_R
今日はここまでにして避難小屋の中でランチタイム

RIMG8289_R 2017_0211_133039-P2117101_R
ランチ後は尾根に付けたトレースを戻るのではなく夏道をトラバース
さらに急斜面を直登
食後の運動にしてはきつい雪山訓練でした

RIMG8292_R 2017_0211_143929-P2117112_R
下りはトレースをタダ下るだけ アイゼンも不要で楽チンでした

RIMG8295_R
林道に形成された吹き溜まりは身長より高く山脈みたいでした

RIMG8296_R
16:30 下山


今回の寒波は低温よりも積雪ということで稲村がダメなら天女の舞と最初から決めていましたが、無雪期なら2時間で行ける天女の舞にさえ届かないとは・・・
これで1月の八経ヶ岳、釈迦ヶ岳に続く三度目の撤退となりました。
厳冬期大峰の厳しさを改めて実感することになりましたが、人気の山ではなかなか経験できない贅沢なラッセル三昧。 この冬は雪山を思う存分楽しめています。
しかし冬山も既に後半戦。あと何回雪山を楽しめるのか?
今年は花粉の飛散(悲惨)量も多いようなので春なんか、来てイラン(笑)


ヤマレコ





にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

2017年2月4日(土)

RIMG8155_R
 氷の芸術 シェイクスピア氷柱群

以前から行ってみたいと思いながら敷居が高かった大峰・地獄谷
アイゼン+ピッケル+ヘルメットのフル装備で行って来ました

メンバー:ふーさん、山モンさん、かずぞうパパ

RIMG8108_R
登山口付近から見た大普賢岳
その直下にいくつも氷瀑群が見られます

2017_0204_090421-P2046998_R 2017_0204_091923-P2046999_R
お助けロープで垂直の岩場を登ったり、ピッケル突き刺して雪の斜面を登ったり
なかなか大変なコースでした

RIMG8125_R
途中で見えた氷瀑
金剛山の氷瀑よりも大きいですがこの後次々現れたのはこんなもんじゃなかった

RIMG8130_R RIMG8131_R RIMG8132_R
シェイクスピアに到着 左からハムレット、リア王、マクベス

2017_0204_093648-P2047003_R
シェイクスピアをバックにシェー

RIMG8139_R
リア王を真下から

RIMG8140_R
裏側から

RIMG8180_R RIMG8183_R
シェイクスピアの左側にはアウトサイダー

RIMG8184_R
シェイクスピアからさらに上へ上へ雪の斜面を登っていきます

RIMG8186_R RIMG8187_R
次々に現れる巨大氷瀑

2017_0204_111243-P2047048_R RIMG8198_R
深雪をラッセルしてさらに上へ

2017_0204_114126-P2047053_R RIMG8209_R
またまた現れた氷瀑 

RIMG8212_R
まだまだ登ります

RIMG8217_R 2017_0204_120721-P2047057_R
標高1,500m、大普賢岳まであと350m地点に到達
シェイクスピアから300m登ってきました
時間は正午、ここで折り返します

2017_0204_122526-P2047060_R RIMG8219_R
急斜面はロープを下ろしました

2017_0204_125517-P2047063_R
巨大氷瀑を名残惜しみながら

RIMG8223_R
下山しました


険路のためシェイクスピアまで到達するには前爪アイゼン+ピッケルが必須とされる大峰・地獄谷へ
初めてのシェイクスピアへ今回はベテランのふーさんをお誘いして3人で挑みました。
気温が高く、凍結箇所は無かったので想像していたような恐怖感はないまま無事シェイクスピアに到達できました。それでもピッケルが無ければ登れないところがいくつもありました。
シェイクスピア氷柱群は評判どおりの氷の芸術。気温が高かったのでシャープさには欠けましたが青空とのコントラストで本当に美しかった。人気のシェイクスピア劇場には次々に観客が登ってきたので我々はさらに上部へ進みました。ここから先はほとんど情報がなく未知の世界でしたが次々に現れる氷瀑の数々。結局シェイクスピアから標高差300m、大普賢岳の足元まで到達しました。これならシェイクスピア経由日帰り大普賢岳も夢ではない。シェイクスピアまでよりも勾配のきつい斜面を上がってきていたのでなかなか下山は大変でしたが15時に無事下山することが出来ました。
冬の大峰はホントに楽しい。この冬は年明け以降大峰一色ですがまだしばらく大峰詣が続きそうです。


ヤマレコ





にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

このページのトップヘ