かずぞうパパの山歩記

近畿一円の山行記 最近は大峰・台高が多いかも

2017年1月22日(日)一時のち

RIMG8005_R
 雪の狼平

昨冬は暖冬で雪が少なく「厳冬期」が事実上無かったため八経ヶ岳に3回も登頂できました。今冬も年末年始くらいまでは暖かく昨冬と同じ感じでしたが先週からの寒波で「冬山」になった大峰。
数年に一度?の寒波が訪れた先週の観音峰は拍子抜けするくらい雪が少なかったので厳冬期日帰り八経ヶ岳も行けるのではないか?
しかし先週の寒波到来以降、ネット上には弥山・八経の情報が見当たらず山の状況は行ってみるまで分からない 。簡単に登らせてくれるはずはないと思いながらも厳冬期日帰り八経ヶ岳にトライしました。

メンバー:山モンさん、かずぞうパパ

RIMG7964_R
カナビキ尾根・弥山川分岐 熊渡出発はいつも左(弥山川)ですが
今日は直進 カナビキ尾根を上がります

RIMG7985_R
きついカナビキの急登を終えると白銀の世界

 RIMG7989_R RIMG7988_R
トラバースを避け頂仙岳直登ルートへ 山頂から見た稲村ヶ岳

2017_0122_100440-P1226716_R
 高崎横手からはワカンを装着していますが踏み抜いています

RIMG8000_R
 太腿まではまっています(笑)

2017_0122_100908-P1226718_R
狼平の吊橋に到着

2017_0122_101144-P1226720_R
熊渡から4時間かかりました ここから先はノートレース
八経まではもう無理だけど何とか弥山まで行けないか?

RIMG8007_R 2017_0122_103101-P1226724_R
交代でラッセルするもペースは大幅ダウン

2017_0122_111621-P1226729_R RIMG8013_R
いつの間にか青空は無くなりモノトーンの世界へ

2017_0122_113818-P1226738_R
撤退のタイムリミット(11時30分) 本日はここまで

RIMG8014_R
雪が降り出して真っ白 引き返します

2017_0122_133231-P1226769_R
復路は頂仙岳のトラバースを歩いてみました

RIMG8024_R 2017_0122_142256-P1226774_R
復路も滑ったり          埋まったり・・・

RIMG8029_R
下山しました

RIMG8033_R
林道歩きは氷柱を見ながら

RIMG8035_R
氷筍 初めて見ました


初の厳冬期チャレンジ八経は、トレースがどこまで付いているか?そこがカギでした。朝6時に熊渡に到着したときにはほぼ満車だったので意外に八経ヶ岳人気なんや、と思っていたのですが皆さん出発する気配なし。カナビキ尾根にはずっととトレースが付いていましたが、金引分岐に川合からのトレースは付いていませんでした。ナベの耳から先の頂仙岳はトラバースではなく直登ルートにトレースがありました。頂仙岳で会った人たちからの情報ではトレースは狼平まであるらしい。ラッセルのお礼を言って先に進みました。頂仙岳を超えるのに少々時間がかかったので高崎横手到着は計画の30分遅れ。ここでワカンを装着。狼平には10時過ぎに到着。往路のタイムリミットに設定した11時30分まで1時間余り。無雪期なら楽に弥山まで上がれるけれどここからはノートレース。先行していた男性はワカンが無いので狼平で引き返すとのことでした。
ここからは山モンさんと二人でラッセル大会。いつもの木階段は全く見えず、テープとGPSで位置を確認しながら進みましたがあちこちで踏み抜いてなかなか進めずリミットの11時半になりました。雪も降り始めたのでこれ以上先に進むのは断念。撤退を決めました。場所は大黒岩の少し手前。弥山まで行っていたらあと1時間以上かかったでしょう。狼平に向けて歩き始めてまもなく男女二人組が登ってきました。日帰り装備に見えたけど彼らは弥山まで行けたんやろか?
復路では頂仙岳のトラバースを歩いてみました。先ほどの二人組のものと思われるトレースがありましたが降雪と強風でトレースが消えていっていました。往路は登りでしんどかったので下り中心の復路はフカフカ雪を駆け下りたり滑ったり、埋まったり(笑)しながら下山しました。
往路のリミット時刻を守ったので下山は計画通りの16時。朝停まっていた車はほとんど無くなっていました。復路のカナビキ分岐でも天女の舞方面にトレースはありませんでした。皆さんいったいどこの山に登ったんやろ?
初の厳冬期八経ヶ岳。簡単には登らせてくれませんでした。まだ諦めたわけじゃないけど(笑)


ヤマレコ




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

2017年1月15日(日)ときどき
 
2017_0115_110032-P1156607
 霧氷のトンネル

数年に一度といわれる強い寒気が流れ込んだこの週末は大峰の観音峰へ
膝上ラッセルが出来るんじゃないかと期待していたのですが・・・

メンバー:山モンさん、かずぞうパパ

2017_0115_073140-P1156555 2017_0115_075020-P1156556
冬山対策として昨年末に新規投入したスタッドレスタイヤの初仕事になりました
虻峠の急坂はまだ自信が無いので天川村役場でチェーンを巻きました

RIMG7867_R
7:14 観音峰登山口の吊橋をスタート

RIMG7877_R
8:14 展望は無いけれど観音峰展望台 氷点下8℃

RIMG7899_R
展望台より先はノートレース

RIMG7910_R
モノトーンの世界

2017_0115_103926-P1156599
アルミワカンを装着(雪あまり深くないけど・・・)

RIMG7908_R
吹雪いてきてもテンションは上がる一方です

RIMG7912_R
9:50 三ツ塚(1380m) 氷点下10℃の世界 手足の指先が痛いです

2017_0115_115504-P1156620
法力峠への下り

2017_0115_124313-P1156627
雪を被ったマンモス君「パオーン」

2017_0115_133300-P1156638
魚眼レンズ?

RIMG7939_R
そり遊び中

2017_0115_131852-P1156635
顔拓作成中

RIMG7943_R
14:14  ごろごろ水に下山しました


これまで「霧氷バス」でしか行ったことがなかった冬の観音峰
翌週からは霧氷バスの運行が開始されるのでその前にノートレースのスノーハイクを期待して行ってきました。
この週末は数年に一度の大寒波到来ということで積雪を期待していたのですが登山口の積雪は数センチ程度。過去に霧氷バスで来たときよりもずっと少ない。
冬の観音峰の印象は雪は深いけれど霧氷は小さいイメージでしたが今回は雪が少ない代わりに霧氷は大きく当初は期待していなかった霧氷ハイクになりました。
予報通り、寒さは強烈で標高1380mのピーク三ツ塚の気温はマイナス10℃!
動いていても手足の指先がジンジンしてくるくらいでした。山モンさんが予備で持ってきていたネックウォーマーを借りて被ったおかげで顔面は固まらずに済みました(笑)
法力峠到着が11時と早かったので雪を冠ったマンモス君に会いに行ってきました。稲村小屋まで行けるかと思いましたが下山が17時を回りそうだったのでマンモス君までにして風を避けた白倉山の南斜面をよじ登り、霧氷を見上げてランチタイム。マイナス10℃を体感した後ではマイナス5℃でも快適でした(笑)
寒波到来でようやくスタートした今シーズンの冬山、今回はアイゼンやワカン、ヒップそりはもちろんピッケルも担ぎ上げて使い心地をチェック、スタッドレスタイヤでの凍結路面走行、タイヤチェーンの取り付け等一通りの雪山アイテムのチェックが出来ました。
寒波はしばらく続くようです。これからの雪山シーズンが楽しみです。
 
ヤマレコ  




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

2017年1月7日(土)

三連休初日は初めて冬季の釈迦ヶ岳へ
霧氷の付いたお釈迦様が見られると思っていましたが・・・

RIMG7788_R

メンバー:山モンさん、かずぞうパパ

RIMG7737_R
 ほぼ日の出時刻に前鬼登山口をスタート

RIMG7743_R RIMG7745_R
最初から急登が続きます 暑い!     二ツ岩

RIMG7753_R
北側のトラバースには残雪、一部凍結あり

RIMG7754_R
五百羅漢 稜線には霧氷なし

RIMG7759_R
太古ノ辻

RIMG7772_R
白いハート

RIMG7778_R RIMG7788_R
釈迦ヶ岳山頂 木々にもお釈迦様にも霧氷は付いていません

RIMG7783_R
霧氷は無くても真っ青な空と雪の白さで十分に美しい

RIMG7780_R
熊野灘方面 幻想的な風景

RIMG7785_R
金剛山、葛城山はもちろん今日は六甲、淡路島まで見えました

RIMG7784_R
左から七面山、八経ヶ岳、仏生ヶ岳

RIMG7787_R
アケボノ平

RIMG7790_R
釈迦ヶ岳の北側斜面はフカフカ雪 
期待はしていなかったスノーハイクが楽しめました

RIMG7793_R
 狭い岩場は慎重に

RIMG7806_R
 馬の背

 2017_0107_112025-P1076495_R
椽ノ鼻

 2017_0107_130302-P1076516_R
雪面ダイブ!

RIMG7812_RRIMG7824_R
大日岳と山頂に鎮座する大日如来

RIMG7827_R
 太古ノ辻 奥のピークは蘇莫岳(1521m)

RIMG7830_R
 下山時も凍結箇所は慎重に

RIMG7831_R
 下山

RIMG7837_R
不動七重の滝 雪に囲まれた滝も見てみたい


年末年始、ずっと天気が良く、雪遊びは期待できそうに無いので霧氷狙いで大峰・釈迦ヶ岳へ
霧氷が付いた白いお釈迦様が見られると期待していましたが今日はどこにも霧氷なし
その代わりにこれまでに見たことが無いくらいの大展望が広がっていました
さらに全く期待はしていなかった雪が釈迦ヶ岳の北面には結構残っており、あまり人が歩かないところなのでフカフカ雪のハイクを楽しむことが出来ました
初の冬季釈迦ヶ岳、当初の想定とはかなり異なりましたがしっかり楽しむことが出来ました
白釈迦はまたその内に


ヤマレコ 



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

このページのトップヘ