かずぞうパパの山歩記

近畿一円の山行記 最近は大峰・台高が多いかも

2016年8月20日(土)ときどき

 今年3回目の双門ルート、初めて八剣谷を遡行しました。

RIMG6016_R
 美しい八剣谷

メンバー:山モンさん、かずぞうパパ 


 RIMG5926_R
白川八丁 昨夜雨が降ったようで湿度が高い

RIMG5928_R
釜滝 水量が少し多い 後半の渡渉が大変になるかも

2016_0820_062448-P8203519_R
やはり水量多い 最初の渡渉は靴を脱いで裸足で

RIMG5945_R
双門ルート前半、体力勝負の急登区間 蒸し暑くて汗が乾かずバテ気味に

2016_0820_075947-P8203527_R
オーバーヒートしてきたのでドライレイヤー1枚で強制冷却
ガスのため双門滝は全く見えず

RIMG5949_R
シラヒゲソウ

RIMG5957_R
沢に下りてきました 朝からのガスは消えて晴天に

RIMG5964_R
予定を変更し、弥山川も沢靴で遡行することに
今日は緊張の渡渉がなく快適

RIMG5978_R
シャワークライミング

2016_0820_102757-P8203550_R
水量多くて楽しいです

 RIMG6004_R
あっという間に狼平に到着

2016_0820_114348-P8203574_R
この先は未踏区間の八剣谷

RIMG6016_R
ただただ美しい

RIMG6020_R
ナメ滝

RIMG6021_R
大峰ブルー

RIMG6023_R
ガレ場 

RIMG6030_R
源頭部

RIMG6032_R
ここから八経ヶ岳目指して登ります

RIMG6042_R
近畿最高峰 八経ヶ岳 今年7回目の登頂

2016_0820_134703-P8203595_R
近畿最高峰でシェー


今年に入って3回目、通算7回目の双門ルート。
今回初めて狼平以降、八剣谷→八経ヶ岳のルートを組み込みました。
昨年同じ時期に単独で双門ルートを歩いたときにあちこちでシラヒゲソウが咲いていたので事前に花好きの山友さん何人かに声をかけていたのですが皆さん都合が悪く、花に全く興味の無い山モンさんと二人で歩きました。
当初は、いつものように双門ルートを歩いた後、狼平で沢靴に履き替えて八剣谷を遡行する計画でしたが、双門ルート前半の体力勝負区間、蒸し暑さでバテバテになってしまったこと、今日は沢の水量が多く、渡渉がいつもより困難になりそうだったので山モンさんの提案により、双門ルート後半、河原小屋跡手前から全部沢靴で歩いちゃおう、ということになりました。
ドボンを恐れて渡渉するいつもの弥山川とは異なり、沢靴でど真ん中を歩く弥山川は涼しくて気持ちよく、いつもは見ることが出来ない弥山川のもう一つの顔を見ることが出来ました。
さらに狼平以降、初めて歩く八剣谷は本当に美しく、何故今までここに来なかったんだろうと思うぐらいの素敵な谷でした。
この1年間で6回も歩いた双門ルートですが、まだまだ魅力が一杯隠れていそうなのでこれからも歩いていこうと思います。


山モンさんのブログ「山モンLIFE」

ヤマレコ



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

2016年8月15日(月)ときどき


RIMG5880_R

ダイヤモンドトレイルは奈良県香芝市の屯鶴峯から大阪府和泉市の槇尾山までのコースで、全長約45km。
これまで2~3回に分けて分割縦走したことはありましたが今回無泊日帰り縦走に挑戦しました。 

 
メンバー:かずぞうパパ(単独)


RIMG5805_R
 8月15日午前零時 全長45kmのダイトレ縦走スタート

RIMG5806_R
 ダイトレ起点 「屯鶴峯」

RIMG5815_R
真っ暗な登山道から夜景を見下ろす
この頃、激しい睡魔と蒸し暑さ、そして聞こえてくる銃声による恐怖で最悪のコンディション

 RIMG5828_R
3:15 岩橋山 序盤の睡魔から開放され調子を取り戻してきました

RIMG5833_R
 夜が明けてきました

RIMG5839_R
 5:09 葛城山

RIMG5850_R
 御来光

RIMG5854_R
 6:21 金剛の水 ここで3回目の補給食を取り飲料水を調達

RIMG5862_R
7:51 ちはや園地のログハウス この先滝畑まで飲み物が調達できないので自販機で飲み物購入

RIMG5864_R
ダイトレらしい道

RIMG5869_R
展望は真っ白 午後はゲリラ豪雨の予報

RIMG5878_R
9:47 行者杉

RIMG5888_R
11:18 紀見峠 岩湧山側の入口

RIMG5891_R
12:00 今日は終戦の日 この場所で一分間の黙祷

RIMG5899_R
13:32 岩湧山 

RIMG5908_R
今日は滝畑でも33℃ありました

RIMG5910_R
滝畑の集落を歩きここから再び登山道へ

RIMG5912_R
15:11 ボテ峠で最後の休憩

RIMG5915_R
この鎖場を過ぎると間もなく施福寺

RIMG5917_R
15:48 ゴール地点 槇尾山(起点)

RIMG5919_R
施福寺の展望台より 奥に連なるのは一昼夜かけて歩いてきたダイトレ

序盤の強烈な睡魔による不調で苦しみましたが睡魔が消えた岩橋山以降は順調に歩くことができました。
紀見峠~岩湧山は暑さに苦しみましたが禁断のドライレイヤー1枚作戦でこれを克服。
その後は順調で15時48分、ゴール地点の施福寺に到着できました。
今回、眠気と暑さ以外は全く問題が無く順調でした。その理由としては台高縦走路攻略のために山モンさんが考案した2時間ごとの補給作戦で今回もその補給方法を採用した結果、16時間におよぶ長時間縦走にも拘らず「シャリバテ」は一切起こりませんでした。

補給実績は下記の通り

スタート前:バナナ1本
1:07(二上山):ナッツフル一掴み、スポーツドリンク、ホットコーヒー(1/2カップ)
1:37(竹内峠):赤飯おにぎり1個、ナッツフル一掴み、スポーツドリンク、ホットコーヒー(1/2カップ)
2:23(平石峠):バナナ1本、ナッツフル一掴み、スポーツドリンク、ホットコーヒー(1/2カップ)
3:15(岩橋山):赤飯おにぎり1個、ゆで卵1個、ナッツフル一掴み、スポーツドリンク、ホットコーヒー(1/2カップ)
6:21(金剛の水):焼鮭おにぎり1個、ナッツフル一掴み、スポーツドリンク、お茶、ホットコーヒー(1/2カップ)
8:28(中葛城山):昆布おにぎり1個、ゆで卵1個、スポーツドリンク、水
9:47(行者杉):薄皮クリームパン2個、スポーツドリンク、水
11:07(紀見峠):焼鮭おにぎり1個、ナッツフル一掴み、スポーツドリンク、水
13:09(いわわきの道下り口):昆布おにぎり1個、アミノ酸ゼリー飲料1パック、スポーツドリンク、水

飲料
スポーツドリンク(粉末を沢水で溶いたもの含む):5リットル
水(沢水含む):1.5リットル
お茶(ペットボトル):0.5リットル
ホットコーヒー:0.5リットル
合計:7.5リットル

これだけ食べて飲んでも体重は約2kg減っていました。

真夏のダイトレ縦走でした。

ヤマレコ



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

2016年8月11日(木)

先月、大峰・岩本谷を遡行したメンバーによる沢登り。
今回はクレン谷
前情報では直登できる小滝が連続する楽しい沢のようです。

2016_0811_113314-P8113340_R
10m滝へのアタック

メンバー:ふーさん、山モンさん、かずぞうパパ

RIMG5700_R
千石谷林道からクレン谷に入渓

RIMG5706_R
沢登りスタート

RIMG5724_R
水はチョロチョロ

RIMG5726_R
難易度高い5m滝をふーさんがフリーで直登

RIMG5727_R
ザイルを下してもらいました

RIMG5730_R
山モンさんもアタック

2016_0811_100819-P8113326_R
上から見るとこんな感じ

2016_0811_101352-P8113328_R
続いてふーさんによる懸垂下降講習

RIMG5743_R
山モンさん、初めての懸垂下降

2016_0811_104325-P8113335_R
実は私も初めて



2016_0811_113314-P8113340_R
後半の核心部 まずは10m滝

RIMG5763_R
山モンさんもアタック

RIMG5770_R
奥に見えるのは三段10m

2016_0811_120542-P8113349_R
ここは手ごわかった 全身使って登ったから翌日は腹筋が筋肉痛!

RIMG5779_R
最後はガレ場を登ります

RIMG5780_R
体力的にはここが一番しんどかったかも

RIMG5782_R
最後は急な尾根を直登

2016_0811_132023-P8113353_R
沢靴のままで南葛城山に登頂

RIMG5796_R
下山 今日も楽しかった


クレン谷は一番高い滝でも10m。頑張ればすべて直登出来るので巻道を歩くストレスの無い楽しい沢でした。
ふーさんにエイト環を使った懸垂下降をレクチャーしてもらい、今日は沢歩きではなくしっかり「沢登り」になりました。
ふーさん、山モンさん、おつかれさま、そしてありがとうございました。


前回の千石谷ではアブに噛まれまくったので今回はアブ対策として自家製高濃度ハッカスプレー(2%, 5%)と蚊取り線香の二段構えで臨みました。
小さいスプレーをポケットに入れておいて頻繁にハッカスプレーを吹きまくった結果、アブは近づいてくるものの体に止まることは無く、被害はゼロで済みました。ただ一ヶ所ブヨには噛まれていましたが・・・。
アブに対するハッカスプレーの効果は確認できたのですが、帰宅後マダニをお持ち帰りしていたのを見つけてしまいました。たぶん南葛城山の笹薮でくっついてきたのでしょう。
次はマダニ対策かー?


山モンさんのブログ「山モンLIFE」

ヤマレコ




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

このページのトップヘ