2017年2月25日(土)

 2017_0225_103125-P2257337_R
念願の冬季 稲村ヶ岳登頂!の一歩手前


メンバー:山モンさん、かずぞうパパ

先週は登山口に行くことさえも困難で稲村小屋までも到達できずに撤退してしまったのでリベンジを決行しました。

2017_0225_062128-P2257274_R RIMG8347_R
母公堂には朝6時過ぎに到着 
計画通りに6時半出発し法力峠を7時過ぎに通過、いい感じです

RIMG8350_R 2017_0225_073514-P2257278_R
水の流れている場所は凍結でツルツル 慎重に足を運びます

RIMG8351_R
この冬3回目のマンモス杉 鼻の頭?だけうっすら白い

2017_0225_074203-P2257280_R 2017_0225_074208-P2257282_R
いつものシェー&パオーン

2017_0225_081515-P2257285_R RIMG8362_R
ピッケル&ヘルメット装着でトラバース区間に突入

RIMG8363_R
先週尾根から下りて来た所

RIMG8367_R 2017_0225_083709-P2257293_R
崩落した橋を渡ります その先は

2017_0225_084123-P2257294_R
こんなん壁やんかー 

RIMG8368_R
トラバースを中断して尾根まで上がりました

RIMG8380_R RIMG8382_R
9時前に稲村小屋に到着 これで時間に余裕を持って稲村にアタックできます

RIMG8387_R RIMG8394_R
晴れてきました 霧氷がビューティフォー

2017_0225_093317-P2257311_R RIMG8402_R
もっと楽に歩ける道があるのに・・・迷走中

RIMG8403_R RIMG8406_R
大日山は直登出来ないので東側のトラバースへ

RIMG8407_R
ここが危険で有名な大日トラバース 
でも稲村小屋手前のトラバースほどの恐怖感はなかった

2017_0225_101803-P2257322_R 2017_0225_101907-P2257324_R
稲村の宝剣 実は初めて見ました

RIMG8430_R RIMG8433_R
霧氷がどんどん大きくなってきました

2017_0225_103125-P2257337_R
稲村山頂の一歩手前 フライングのガッツポーズ

2017_0225_103508-P2257340_R
10:31 念願の稲村ヶ岳に登頂 本日一番乗りです

RIMG8440_R
弥山・八経ヶ岳方面 今度はそっちに行くよ

RIMG8438_R
金剛山・葛城山

2017_0225_103807-P2257342_R
続いて登頂してきたのはナントwingletさん
昨年5月の台高・弥次平峰山頂で偶然お会いして以来でしたが今回も山頂でした

この時、大日方面から救助要請の叫び声が聞こえてきたので3人でそちらに向かいました

2017_0225_115604-P2257352_R ファイル 2017-02-26 4 40 11_R
30分後に要救護者の元に到着
男性が1名、足を骨折して動けなくなっていました
電波の届く尾根上から119番通報しました
ほぼ同時刻に到着していたakirasさんも加わり4人で救助のお手伝いをしました

ヘリ
通報から約30分後にヘリからレスキュー隊が下りてきました
男性は足の骨折以外に外傷はなく、ヘリで搬送されていきました

2017_0225_122425-P2257374_R
ヤマレコレスキュー隊?で記念撮影

RIMG8447_R RIMG8448_R
 RIMG8449_R RIMG8450_R
ヘリの風圧でかなり落ちてしまったけど霧氷を楽しみながら稲村小屋へ

2017_0225_125919-P2257377_R RIMG8451_R
稲村小屋でランチ後夏道で下山を開始
しかし南斜面のトラバースは足元の雪が緩んでいて危険と判断
尾根に上がりました

RIMG8453_R
最後にもう一度霧氷の尾根

RIMG8454_R
雪の大日山登頂は、来年に持ち越しかな?


「モナカ雪」に難儀して先週は稲村小屋にさえも到達できなかった冬季稲村ヶ岳。
木曜日の雨で積雪量が減り、難易度が下がっていることを期待して「リベンジ!稲村ヶ岳」決行しました。
登山道は雪が雨を含んだ後凍結して硬くなっていたので今回は足を取られること無くアイゼンでガシガシ進むことが出来ました。
計画時間よりも先行し、大日山の手前で少し迷走したものの無事に念願の冬季稲村ヶ岳に登頂することが出来ました。
山頂展望台で記念撮影をしているときに登頂してきたのはナントwingletさん。
9ヶ月ぶりに再会した喜びも束の間、大日方面から「おーーい、誰か居ませんかーー」の叫び声。救助要請のようです。滑落か?叫び返しても聞こえていないようなので詳しい状況は分からないまま3人で声のする方向に向かいました。
大日山北側の尾根を歩いているときに尾根から少し東側に下りた所に男性を発見。男性は滑落して足を骨折したそうですが尾根の近くまで自力で這い上がったようでした。そして携帯で119番しようとしたけれども電波が繋がらず大声で救助を求めたとのことでした。
尾根上はかろうじて電波が届いていたので119番通報しました。奈良県警のヘリを飛ばしてくれるという事だったのでGPSで正確な位置を確認して伝えました。
我々が到着するのとほぼ同時にヤマレコのakirasさんも到着していてヘリが来るまでの間4人でレスキューのお手伝いをしました。akirasさんとは初めてお会いしたのですがご挨拶する暇も無く目の前で起こっていることに対処しました。ヘリは予定時間よりも早く到着し、遭難者を搬送していきました。
wingletさんとakirasさんは大日山に登られるということだったのでそこでお別れして稲村小屋前でランチにしました。
ランチ後は夏道で下山を開始しましたが南面になるトラバースは雪が緩んできており足元からごっそり落ちる不安を感じたのでトラバースを中止して尾根に上がりました。しばらく尾根を歩き、南側でも日陰になっていてまだ雪が締まっている箇所を選んで夏道に復帰しました。
登山口の母公堂には15時過ぎに下山。装備を解いて下山してきた他の登山者や母公堂の方とお話しているときに急いで下山してこられた男性が「同行者が滑落しました。110番したいので何方か携帯をお借りできませんか?」
現場は稲村小屋手前のトラバース、かなり深刻な様子でした。携帯の電池が切れたため現場から連絡が出来なかったとのこと。車で帰宅する途中、現場に急行する洞川駐在所のパトカー、奈良県警のパトカーとすれ違いました。
今回の山行では先週のリベンジを達成できたものの同じ山で2件も滑落事故が発生。素直に喜ぶことの出来ない複雑な気分でした。

翌朝、ネットニュースで午後に滑落した方がヘリで救助されたものの死亡が確認されたとの記事を読みました。
謹んでご冥福をお祈りいたします。 






にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村