2017年3月18日(土)

RIMG8762_R
冬の大普賢岳は簡単には登らせてくれなかった


メンバー:山モンさん、かずぞうパパ、リサちゃん(途中離脱)

2017_0318_055451-P3187598_R
和佐又に到着すると山岳ガイドのリサチャンがお出迎え
今日はよろしくお願いします

RIMG8712_R RIMG8713_R
和佐又山の方向に月が沈み、台高山脈から朝日が昇る6時10分、
和佐又登山口を出発
今期の冬季大峰最難関、大普賢岳に向かいます。

RIMG8714_R RIMG8716_R
序盤はリサちゃんが先導

2017_0318_070534-P3187607_R RIMG8722_R
途中からアイゼン装着 既にルートを外れています

RIMG8726_R RIMG8727_R
ミニ氷瀑

RIMG8729_R RIMG8730_R
笙ノ窟の氷筍が見たくて鷺ノ窟の真下から急斜面を這い上がり正規ルートに復帰
ようやくルートに復帰したので安心したのかリサちゃんとはここでサヨナラになりました

RIMG8737_R
笙ノ窟

RIMG8732_R RIMG8734_R
氷筍 氷の芸術

RIMG8738_R RIMG8739_R
窟群を過ぎるとトラバースそして急斜面を登ると日本岳のコル

RIMG8744_R RIMG8745_R
石ノ鼻 無雪期にはよじ登るこの岩もこの時期は容易に上がれます

RIMG8748_R RIMG8750_R
石ノ鼻より目の前の日本岳、そして大峰奥駈道

2017_0318_085721-P3187625_R
石ノ鼻より先はトラバース等危険箇所が連続します

RIMG8751_R 2017_0318_092852-P3187627_R
小普賢岳(1640m) 結局ここが今回の最高地点になりました

2017_0318_094641-P3187631_R 2017_0318_094811-P3187632_R
小普賢岳と大普賢岳のコルへはトラバースしてシリセード あれ?滑らない

2017_0318_095345-P3187633_R RIMG8755_R
そして大普賢岳に向けてアタックを開始しましたが・・・

この先は夏道をトラバースするのも冬道に上がるのも厳しそう
トレースがあればとりあえず進んでみるつもりでしたが初めての冬季大普賢岳でノートレースのリスクを取ることは危険と判断、撤退を決めました。

2017_0318_111909-P3187639_R RIMG8759_R
時間は十分にあるので復路の斜面でスタカット訓練
ピッケルで支点を構築しました

2017_0318_121013-P3187645_R 2017_0318_123706-P3187649_R
急斜面ではロープを下ろし懸垂下降

2017_0318_135857-P3187651_R 2017_0318_135902-P3187653_R
ヤマレコのHIROMITSU03さんと一緒に記念撮影

2017_0318_151034-P3187658_R
下山後に遅い昼食 他に誰もいない静かな和佐又でした


初の冬季大峰に挑戦したこの冬でしたが、大普賢岳は和佐又へのアクセスが厳しいことから考えていませんでした。先週末のヤマレコでFFスタッドレスでも和佐又まで上がれることを知り、急遽冬季大普賢岳チャレンジ計画が浮上しました。しかし同時に大普賢岳は他の大峰の山と比べると危険度、難易度の高い山。雪が減ってきてるとはいえ、初トライで登れるのか?不安はありましたが冬季大普賢岳へ初チャレンジ、決行しました。

序盤で窟群に向かう分岐を見落としましたが鷺ノ窟の真下から斜面を這い上がり半ば強引にコース復帰。このあたりまでは余裕がありましたが日本岳のコル、石ノ鼻を過ぎるとなかなか厳しいトラバースが待ち構えていました。小普賢岳は尾根に上がることで危険なトラバースを回避することができましたが、小普賢岳から一旦コルに下り、大普賢岳にアタックを 開始したものの、ノートレースでどこをどう進んでいいものかわからない。どちらに進むもかなり厳しそう。とりあえずで進む気にはなれず、今の実力ではこれ以上進んではいけないと判断。撤退を決めました。

高温で雪質が悪くなることを想定して朝6時から歩いているので時刻はまだ10時半。時間はまだ十分あるので小普賢岳の東側斜面を利用して、スタカットの訓練を実施。せっかくロープを出したので 急な下りは懸垂下降で降りて行きました。

和佐又登山口には14時半に下山。大普賢岳は惨敗でしたが、今の実力ではこんなもんかなあ?というのが正直なところ。危険箇所での安全確保をしっかり身に付けて来季また挑戦したいと思います。





にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村