2017年4月23日(日)

RIMG9200_R
堂倉滝 滝壺は台高ブルー


大台ケ原ドライブウェイの冬期閉鎖が解除された最初の週末、大台ケ原から大杉谷に行ってきました。


メンバー:山モンさん、かずぞうパパ

RIMG9122_R RIMG9123_R
ご来光に赤く染まる大台ケ原を朝5時出発

RIMG9128_R 2017_0423_053632-P4238112_R
日出ヶ岳山頂

RIMG9130_R
尾鷲の海

RIMG9127_R
朝日に染まる大峰オールスターズ

堂倉滝1 RIMG9152_R
堂倉滝                                                       光滝

RIMG9155_R RIMG9157_R
RIMG9159_R
大崩落地  よくこんなとこ整備したわ

RIMG9162_R RIMG9163_R
台高ブルー1
台高ブルー

RIMG9165_R
七ツ釜吊橋

RIMG9170_R
七ッ釜滝

RIMG9180_R RIMG9177_R
桃ノ木小屋 ここで折り返し

RIMG9208_R RIMG9210_R
大台ケ原に戻ってきました

RIMG9218_R
正木ヶ原

RIMG9220_R 2017_0423_154520-P4238185_R
下山


清津峡、黒部峡谷と並ぶ日本三大峡谷の一つ、大杉谷。その上半分に行ってきました。
朝5時に大台ケ原駐車場を出発。まずは最高峰の日出ヶ岳へ。
これまで大台ケ原にはあまりご縁がなく、昨年は三回も大台ケ原まで来ているのに日出ヶ岳登頂は今回が初めて。これで日本百名山は11座になりました。
山頂は360度の展望。目の前に尾鷲の海、西側には台高オールスターズ。日によっては富士山も見えるようでそんな素敵なピークにたった30分歩くだけで立ててしまう日出ヶ岳。200台も停められる駐車場が朝5時に半分も埋まっていた理由が分かりました。そして何故これまでご縁がなかったのかも。
2時間かけて堂倉滝まで標高差900mを下りて行きました。ここからはエメラルドグリーンの渓谷歩き。岩場が多いものの2004年の水害で被害を受けた光滝付近の大崩落地は見た目はすごいものの完璧に「登山道」が整備されていました。登山道の岩は表面が平らに削られており、個人的にはやや過剰整備に感じました。
光滝付近から桃ノ木小屋泊まりの登山者、七ッ釜滝付近からは登山口出発の日帰りハイカーと出会うようになりました。堂倉滝までのピストンなら日帰りですべての滝を見られるのでピークハントに拘らないのであればそれで十分だと思う。
桃ノ木小屋には9時半に到着。ここから大台ケ原まで登り返し。後半が全て登りなのできついかと思っていましたが登山道は歩きやすいし、急登もないので意外に楽々で登り返してしまいました。日出ヶ岳に戻ってきたのがまだ14時だったので正木ヶ原~尾鷲辻を経由して駐車場に下りました。
初めての大杉谷。今回は上半分でしたがシシ淵には是非行ってみたい。もちろんヒルがいない時期に。


 


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村