2017年5月5日(金)

RIMG9469
岩湧山から見たダイトレの稜線

昨年8月に初トライしたダイトレ全縦。全長45km、累積標高差3000m超のロングルートを16時間で完歩したものの前半は睡魔、後半は暑さとアブとの戦いで、もうやらん、と思っていたのですが今の季節なら気持ちよく歩けるんとちゃうん?とウズウズしてきてこどもの日の5月5日、午前0時スタートで行ってきました。

メンバー:かずぞうパパ(単独)


RIMG9377 RIMG9379
ダイトレ起点 屯鶴峯入口 午前0時全長45kmの無泊縦走スタート


RIMG9382 RIMG9384
二上山への上りはたまに見える夜景を楽しみながらのんびりと

前回は序盤でバテてしまったのでナイトセッションは頑張らない、コーヒータイムなどを入れて楽しみながら歩く、と決めていました。

RIMG9404
大和葛城山から見た夜明けの奈良盆地


RIMG9418 RIMG9420
水越峠の手前で夜が明け「金剛の水」のテーブルで朝食


RIMG9426 RIMG9432
朝6時半、まだ静かな金剛山

RIMG9434 RIMG9439
中葛城山までで7時間 この辺りが時間的な中間点

RIMG9459 RIMG9465
紀見峠まではダラダラ下りですが紀見峠以降は再び上りに
特に岩湧山三合目までの長い上りは前回苦戦したところでしたが今回も一番しんどいところでした

RIMG9466
根古峰を過ぎたところで嬉しいサプライズが・・・

正面から手を振りながら走ってきたランナーは、何と山モンさん。
私がダイトレ全縦しているのを知って槇尾山から走って駆けつけてくれました。

RIMG9477
最後の10kmは山モンさんの伴走で

RIMG9468 RIMG9473
人気の岩湧山は多くのハイカーで賑わっていました

2017_0505_135229-P5058387 2017_0505_135323-P5058390
13:55 ゴールの槇尾山施福寺に到達 
2回めのダイトレ全縦チャレンジ、無事成功しました

RIMG9481 RIMG9480
槇尾山施福寺         14時間かけて歩いたダイトレの稜線

2017_0505_135839-P5058392 2017_0505_141824-P5058393
終盤伴走してくれた山モンさんとシェー   下山後の炭酸ガブ飲み、至福の時間(笑)


2回目のダイトレ全縦チャレンジ。真夏に挑戦した前回の反省を踏まえ、睡魔との戦いになる最初のナイトセッションは頑張らないこと、コーヒータイムなどを入れてのんびり歩く、と決めていました。そのおかげでやはり睡魔は襲ってきましたが比較的快適に歩くことができました。乾いた冷たい風が吹いていたので最初の4時間は上着を着たままでした。
食事は3時間毎におにぎり1個。それ以外は必要に応じてフルグラとスポドリを補給。
4時過ぎに大和葛城山に到着。徐々に赤みが増す東の空を眺めながら水越峠に下りていきました。
金剛山を過ぎ、中葛城山以降紀見峠まではダラダラと下り。9時半ころに紀見峠到達後は岩湧山に向けて再び上り。ここは前回勾配のきつい上りの連続と暑さのためバテバテになったところ。ボ谷の池手前のベンチに腰掛けて一旦リセット。無泊縦走のため疲労感があるのは当たり前と思っているので少々の不具合は気にならないのですが、前回足の膨張のため靴紐が登山靴にくい込んでいることに気づかず下山後足が痣だらけになったのを思い出し、体の全部位をチェック。やはり靴はきつめになっていたので靴紐を弛めました。持ってきていた柏餅を食べ、呼吸も落ち着いたところで再スタート。岩湧山三合目までの長い上りはやはりきつかったけれど前回よりはまともに歩くことができました。
岩湧山三合目に到達すればあとはきついところがないので徐々にペースアップを始め、根古峰を過ぎたところで嬉しいサプライズ。正面からこちらに手を振りながら走ってきたトレイルランナーは何と山モンさん。槇尾山から2時間走って駆けつけてくれました。ここから先は山モンさんの伴走で最後の3時間を歩き通し13時55分、槇尾山施福寺にゴール。前回よりコースタイムを2時間短縮しました。真夏に歩いた前回と異なり今回はなかなか快適な縦走でした。2日前の台高支尾根縦走27kmの疲労が抜けず、直前まで決行するか否かを迷っていたのですが歩いている間は歩く前よりも調子がよく、思い切って行っておいて良かったです。翌日の疲労も意外に軽く済み、体がロングモードに慣れてしまったようです。山モンさんのサプライズ登場もあり、二度目のダイトレ全縦は楽しく歩くことができました。これなら今後も続けられそうやな(笑)




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ 

にほんブログ村