2017年5月27日(土)

RIMG9745_R
美しい八剣谷

今年初めての双門ルート
稲村ヶ岳のオオミネコザクラが見頃のようなのでこちらもそろそろかな?と弥山川へ。

メンバー:かずぞうパパ(単独)

RIMG9673_R
新緑の弥山川 

RIMG9674_R
水量が少ないので渡渉が楽 初めて行くならこの時期が最適

RIMG9678_R
撮影ポイントのへつり箇所 人が映らないとただの壁

RIMG9684_R
一時間ちょいで吊橋に到着

RIMG9685_R RIMG9687_R
吊橋より           一ノ滝

RIMG9688_R
ザンキ平まではひたすら上りが続きます

RIMG9692_R
サラサドウダン

RIMG9699_R RIMG9702_R
ザンキ平から15分下ったところでアクシデント発生!
腕時計が無い!

ザンキ平で日焼け止めを塗った時に外した腕時計を置き忘れてしまいました。腕時計を取りに戻るため掟破りの双門ルート逆行を決めました!
テンションはダダ下がり。しかし登り返しを開始してすぐに(1分未満)ソロの女性が前から歩いてきて「時計?」置き忘れていた腕時計を持ってきてくれていました。何てラッキーな!もう女性が女神様に見えました(笑) お礼を言って腕時計を受け取りました。双門ルートは今回で8回目になりますがソロの女性に会ったのは初めてでした。岡山から4時間かけて運転してきたそうです。

RIMG9704_R RIMG9705_R
双門ルート後半戦の沢ルート

木、金に降った雨の影響はほとんど無く、渇水期の弥山川は歩きやすかったです。

RIMG9710_R
あっという間に双門名物「鎖梯子」ですが、この梯子に目を取られていると・・・

RIMG9712_R
正面の岩壁一面に咲くオオミネコザクラを見落としてしまいます

RIMG9717_R RIMG9718_R
RIMG9724_R RIMG9725_R
RIMG9729_RRIMG9733_R
ここまでたくさんのオオミネコザクラを見たのは初めて

RIMG9734_RRIMG9738_R
9時半に狼平に到着 「双門ルート」はここで終了

RIMG9742_R RIMG9744_R
狼平から先も引き続き弥山川を詰めます 八剣谷ルートへ

RIMG9745_R RIMG9746_R
RIMG9747_R RIMG9750_R
大峰ブルーに癒やされます

RIMG9752_RRIMG9759_R
前半が緩やかだった分、後半はガレの急登になります

RIMG9756_R RIMG9757_R
八経ヶ岳まで行ってしまうと人だらけになるので木陰を見つけてランチタイム
最近はまり気味のアジアンカップヌードル

RIMG9763_RRIMG9764_R
食後は八経ヶ岳への急登

RIMG9768_RRIMG9765_R
ピークは何処だ?          振りかえったところ

RIMG9770_R
八経ヶ岳に到着
人だらけなのでこの写真だけ撮ってすぐに退散 明星ヶ岳へ

RIMG9772_R
三角形の頂仙岳 奥には金剛山・葛城山

RIMG9780_R
明星ヶ岳へ直登

RIMG9787_R RIMG9782_R
明星ヶ岳 3月には雪に埋まっていたお地蔵様にご挨拶

RIMG9783_R
八経ヶ岳

RIMG9784_R
仏生ヶ岳、釈迦ヶ岳、チラッとネコ耳(七面山東峰)

RIMG9793_R
ネコ耳 奥に八人山ブラザーズ

RIMG9796_R RIMG9801_R
日裏山、頂仙岳のマイナーピークを通過

RIMG9802_R
頂仙岳から見た大日山、稲村ヶ岳、バリゴヤノ頭、奥に山上ヶ岳

RIMG9808_R RIMG9809_R
涼しい風が吹く新緑の森を抜けて

RIMG9810_R RIMG9811_R
14:22 下山しました


今年初めての双門ルートはオオミネコザクラ目当てのソロ山行になりました。
湿気が高く快適とは言えなかった前半戦、ザンキ平に腕時計を忘れてくるアクシデント。今日の双門山行は失敗やったかな?とテンションダダ下がりでしたが、時計を回収しに逆走を始めた直後、時計を拾って届けてくれたソロの女性にお会いするという幸運に恵まれ、そこから一気に運気も体調も好転。まさに女神様との遭遇(笑)でした。
沢に降りてからは大きな岩を乗り越えてどんどん進みます。そしてたどり着いた聖門滝の岩壁には想像していた以上にオオミネコザクラがびっしり。一年前、ソロの双門ルート遡行はつまらないと感じていたのでためらいはあったのですが、来てよかった。
狼平到着後は登山道に入らずそのまま弥山川を遡行、八剣谷へ。涼しい風が吹く美しい八剣谷をゆっくりと進みました。今日は山頂はどこも人だらけだろうとランチも八剣谷の木陰で。そのためランチ後はいきなり八経ヶ岳への急登となりました。八経ヶ岳は予想通りの人だらけ。本日の目的のオオミネコザクラと八剣谷なので八経ヶ岳はオマケ(笑)
八経ヶ岳では写真だけ撮って即退散。明星ヶ岳、日裏山、頂仙岳と人気のないピークを通って下山。
今年最初の弥山川遡行、完了しました。




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ 
にほんブログ村