かずぞうパパの山歩記

近畿一円の山行記 最近は大峰・台高が多いかも

カテゴリ:登山以外 > アキレス腱 その後

2016年2月26日(金)

アキレス腱断裂からちょうど2年が経過しました。

再断裂防止のため、山復帰後1年くらいは、「ジャンプ禁止」を頑なに守っていたのですが、昨年双門ルートの渡渉でジャンプを解禁せざるを得なくなってからは何でもありありになっていました。
しかし、最近アキレス腱を再断裂する夢を見てしまい、これは何かの警告だろうか?

リハビリ期間中、よく見ていたmasshiさんのサイト
アキレス腱断裂からの復活 
のアンケート結果によるとアキレス腱断裂経験者でその後再断裂を経験した人の割合は13.5パーセント!
決して低くない数字です。また再断裂するのは同じ足よりも反対側の足である確率が約2倍。
私の場合は左足だったので車の運転が出来ましたがこれが反対の右足だったら・・・


IMG_0729_320
断劣手術後2年が経過したアキレス腱

手術跡は兎も角、繋いだアキレス腱はぶっといままです。

 




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2015年3月4日(水)

先週の木曜日(2月26日)でアキレス腱断裂から1年が 経ちました。忘れもしない二・二六事件(笑)。
主治医から山行を禁止された半年間も今では遠い昔のように感じられます。

山行禁止が解けた9月初めからはほぼ週1ペース、半年間で26回の山歩きをしてきました。
長期ブランクの影響は復帰初日の金剛山(2014/9/6)だけバテバテになりましたがアキレス腱は全く問題なし。また2回目からは体力の方も問題なくなり、予想外に早く復活することが出来ました。
さすがに高いところから飛び降りたり渡渉でジャンプするようなことはしなくなりましたが。

ではアキレス腱は元通りになったのかというと元の状態には戻っていません。常に違和感があり足首の筋力も元のレベルまでには回復していません。しかし、登山靴はその弱点である足首をホールドしてしまうので登山靴を履いている間だけその違和感から開放されています。
 
 3月は特殊な月で山歩きを始めて8年が過ぎましたがこの周辺の山を歩いたのは2007、2008、2013の3シーズンしかありません。そのため3月の定番と呼べる山が無く、どこのお山に行こうか思案中です。
今年はまだ花粉症を発症していないので3月でも快適な山行を楽しむことが出来そうです。

2014年11月30日(日)

アキレス腱断裂→手術から6ヶ月間リハビリを行い、9月初旬より山に復帰してはや3ヶ月。
これまで週末は欠かさず山を歩いていたのですが今週はお休み。

この9月以降山行は合計12回、距離では150km以上歩いているのですが左足首の状態は9月からほとんど変化なし。未だに違和感はあるし、筋力も右とは同じになりません。

山は基本的にベタ足歩行で歩くので山では「ふつうの人」なのですが、足首を使わないのでいくら歩いても全然リハビリになっていないようです。先週も上司から「お前、まだそんな歩き方してんのか?」 と言われてしまいました。平地では未だ変な歩き方をしているようです。

9月以前は早く山復帰したいがために頑張って足首のリハビリをやっていたのですが、普通に山を歩けることが分かってからは完全にサボっているのでその影響が一番大きいかな

いずれにしても山を歩く分には何ら問題ないので来週はまた歩きますよ。たっぷりと


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

このページのトップヘ