かずぞうパパの山歩記

近畿一円の山行記 最近は大峰・台高が多いかも

カテゴリ:登山 > ダイトレ・紀泉の山々

2017年5月5日(金)

RIMG9469
岩湧山から見たダイトレの稜線

昨年8月に初トライしたダイトレ全縦。全長45km、累積標高差3000m超のロングルートを16時間で完歩したものの前半は睡魔、後半は暑さとアブとの戦いで、もうやらん、と思っていたのですが今の季節なら気持ちよく歩けるんとちゃうん?とウズウズしてきてこどもの日の5月5日、午前0時スタートで行ってきました。

メンバー:かずぞうパパ(単独)


RIMG9377 RIMG9379
ダイトレ起点 屯鶴峯入口 午前0時全長45kmの無泊縦走スタート


RIMG9382 RIMG9384
二上山への上りはたまに見える夜景を楽しみながらのんびりと

前回は序盤でバテてしまったのでナイトセッションは頑張らない、コーヒータイムなどを入れて楽しみながら歩く、と決めていました。

RIMG9404
大和葛城山から見た夜明けの奈良盆地


RIMG9418 RIMG9420
水越峠の手前で夜が明け「金剛の水」のテーブルで朝食


RIMG9426 RIMG9432
朝6時半、まだ静かな金剛山

RIMG9434 RIMG9439
中葛城山までで7時間 この辺りが時間的な中間点

RIMG9459 RIMG9465
紀見峠まではダラダラ下りですが紀見峠以降は再び上りに
特に岩湧山三合目までの長い上りは前回苦戦したところでしたが今回も一番しんどいところでした

RIMG9466
根古峰を過ぎたところで嬉しいサプライズが・・・

正面から手を振りながら走ってきたランナーは、何と山モンさん。
私がダイトレ全縦しているのを知って槇尾山から走って駆けつけてくれました。

RIMG9477
最後の10kmは山モンさんの伴走で

RIMG9468 RIMG9473
人気の岩湧山は多くのハイカーで賑わっていました

2017_0505_135229-P5058387 2017_0505_135323-P5058390
13:55 ゴールの槇尾山施福寺に到達 
2回めのダイトレ全縦チャレンジ、無事成功しました

RIMG9481 RIMG9480
槇尾山施福寺         14時間かけて歩いたダイトレの稜線

2017_0505_135839-P5058392 2017_0505_141824-P5058393
終盤伴走してくれた山モンさんとシェー   下山後の炭酸ガブ飲み、至福の時間(笑)


2回目のダイトレ全縦チャレンジ。真夏に挑戦した前回の反省を踏まえ、睡魔との戦いになる最初のナイトセッションは頑張らないこと、コーヒータイムなどを入れてのんびり歩く、と決めていました。そのおかげでやはり睡魔は襲ってきましたが比較的快適に歩くことができました。乾いた冷たい風が吹いていたので最初の4時間は上着を着たままでした。
食事は3時間毎におにぎり1個。それ以外は必要に応じてフルグラとスポドリを補給。
4時過ぎに大和葛城山に到着。徐々に赤みが増す東の空を眺めながら水越峠に下りていきました。
金剛山を過ぎ、中葛城山以降紀見峠まではダラダラと下り。9時半ころに紀見峠到達後は岩湧山に向けて再び上り。ここは前回勾配のきつい上りの連続と暑さのためバテバテになったところ。ボ谷の池手前のベンチに腰掛けて一旦リセット。無泊縦走のため疲労感があるのは当たり前と思っているので少々の不具合は気にならないのですが、前回足の膨張のため靴紐が登山靴にくい込んでいることに気づかず下山後足が痣だらけになったのを思い出し、体の全部位をチェック。やはり靴はきつめになっていたので靴紐を弛めました。持ってきていた柏餅を食べ、呼吸も落ち着いたところで再スタート。岩湧山三合目までの長い上りはやはりきつかったけれど前回よりはまともに歩くことができました。
岩湧山三合目に到達すればあとはきついところがないので徐々にペースアップを始め、根古峰を過ぎたところで嬉しいサプライズ。正面からこちらに手を振りながら走ってきたトレイルランナーは何と山モンさん。槇尾山から2時間走って駆けつけてくれました。ここから先は山モンさんの伴走で最後の3時間を歩き通し13時55分、槇尾山施福寺にゴール。前回よりコースタイムを2時間短縮しました。真夏に歩いた前回と異なり今回はなかなか快適な縦走でした。2日前の台高支尾根縦走27kmの疲労が抜けず、直前まで決行するか否かを迷っていたのですが歩いている間は歩く前よりも調子がよく、思い切って行っておいて良かったです。翌日の疲労も意外に軽く済み、体がロングモードに慣れてしまったようです。山モンさんのサプライズ登場もあり、二度目のダイトレ全縦は楽しく歩くことができました。これなら今後も続けられそうやな(笑)




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ 

にほんブログ村

2016年10月8日(土)時々

2016_1008_131203-PA084456_R
梵天山展望台からの眺望

三連休初日の天気予報は曇り一時雨。
なのでまたまた近場の縦走。この機会にダイトレと紀泉アルプスを繋いでしまおうと先週歩いた残りの犬鳴山~山中渓を歩きました。
バス時間の都合で7時半出発の犬鳴山よりも1時間早くスタートできる山中渓駅から歩くことにしました。 

RIMG6705_R
 6時27分 山中渓駅を出発しました、が・・・

RIMG6706_R
 登山口の「わんぱく公園」が閉まってる

これが大きな誤算。南側を迂回し境谷の 登山口から入り、槌子峠から四谷山をピストンしたので大きなロスタイムに。

RIMG6715_R
 8:11槌子峠

RIMG6716_R
 蜘蛛の巣だらけの藪道 木の枝で蜘蛛の巣を巻きつけながら進みます

RIMG6717_R
ようやくたどり着いた四石山は展望なし

2016_1008_101314-PA084443_R
昭和山 ここからは紀ノ川河口が見えました

RIMG6725_R
蜘蛛の巣を巻きつけてぶっとくなった木の枝

RIMG6729_R
このあたりで山モンさんのポニーテールにスズメバチが飛び込んできて大騒ぎ
幸い刺されずに済みました

RIMG6730_R
一旦、根来街道に下りて舗装路を歩いて梵天山に

RIMG6735_R
ババタワ

RIMG6738_R
梵天山(468.7m) 展望なし

RIMG6739_R
梵天山展望台 ちょうど良いところで晴れてきました

2016_1008_131203-PA084456_R
展望台より関空方面の眺望 淡路島まで良く見えました

RIMG6742_R
紀泉アルプス

RIMG6748_R
笹峠を通らないルートで城ヶ峰へ 結果的にかえって遠回りに

2016_1008_153102-PA084463_R
城ヶ峰(550m) 本日最後のピーク 三峰山に行く時間はなくなってしまいました

RIMG6750_R
今日はじめて見た近畿自然歩道の案内板
今日歩いてきた道は近畿自然歩道から離れていたようです

RIMG6756_R
10時間かけて犬鳴山に到着 おつかれさまでした


和泉山脈縦走第2弾「山中渓~犬鳴山」、前回「槇尾山~犬鳴山」の感覚で舗装路中心のユルユルハイクのつもりが初っ端から登山道が見つからない、というか入れない。南から迂回して別の登山口から登山道に入ったものの蜘蛛の巣だらけの藪道。案内表示も分かりにくく大苦戦を強いられました。近場ということもあり下調べが不十分、正直ナメていました。
これなら大峰奥駆道の方がよっぽど歩きやすい。さらに梵天山展望台以外展望はほぼ皆無。
結局三峰山をパスしたのに犬鳴山まで10時間もかかってしまいました。
これでダイトレと紀泉アルプスの間の「和泉山脈」を踏破、「スーパーダイトレ」105kmが繋がりましたが今回の区間、二度目はないやろな。

山モンさんのブログ「山モンLIFE」

ヤマレコ



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

2016年10月2日(日)時々一時

9月に入って以降週末は岩本谷を遡行した9月10日以外、まともに晴れた日が無く、その傾向を引きずったまま10月に突入。今回も大峰・台高は諦めて近場の和泉山脈を縦走することにしました。


RIMG6689_R
 ハイランドパーク粉河の展望台

近場の縦走路はダイヤモンドトレイル(屯鶴峯~槇尾山)、紀泉アルプス(山中渓~みさき公園)は踏破していますが、その間を結ぶ和泉山脈は一部未踏。この機会に「スーパーダイトレ」を繋いじゃおう、と秋晴れの日にはまず歩くことはないであろう マイナー区間を歩くことにしました。

RIMG6644_R
7:20槙尾山口出発 45分車道歩きの後 施福寺の参詣道を登ります

RIMG6650_R

RIMG6647_R

RIMG6652_R
施福寺の副住職「ふくちゃん」にご挨拶した後、和泉山脈の縦走路へ

RIMG6661_R
ガスが立ち込める縦走路 10月なのに湿度が高く蒸し暑い 

2016_1002_100836-PA024392_R
 三国山 2週連続で来ることになるとは思わなかった

2016_1002_104812-PA024395_R
 鍋谷峠

RIMG6672_R
和泉葛城山東側の美しい自然林 しかしオフロードバイクの轍が残念

2016_1002_120009-PA024399_R
 和泉葛城山 一等三角点

2016_1002_121357-PA024401_R
(和泉)葛城山

RIMG6682_R
和泉葛城山南側の東屋 
天気が良ければ目の前に龍門山が見えるのですが・・・

RIMG6689_R
ハイランドパーク粉河

2016_1002_142306-PA024412_R
縦走路にトンネル?

RIMG6695_R
七宝瀧寺(犬鳴山)

2016_1002_144319-PA024419_R
行者の滝

RIMG6694_R
不思議童子 このポーズは・・・シェーの歴史を感じます

RIMG6699_R
7月の釈迦-八経ピストン以来の25km縦走 おつかれさまでした


槙尾山口~和泉葛城山は9年前に一度縦走したことがありましたが、舗装路歩きが長いことと和泉葛城山東側でオフロードバイクが走り回っているのにがっかりして、もう2度目はないだろうと思っていたのですが(当時のブログにもそう書いていた)、夏場の沢登りで縦走から遠ざかっていたことからロングのトレーニング、およびダイトレと紀泉アルプスを繋ぐ(=スーパーダイトレ)ことを目的に山モンさんと歩きました。
蒸し暑い桧原越の長いダラダラ登りは汗だくになりましたがそれ以降はほとんどウォーキング状態。山に登っているという感覚がないまま犬鳴山に到着。
残るは犬鳴山~山中渓の20km。ここを歩けば全長105kmのスーパーダイトレが繋がります。


山モンさんのブログ「山モンLIFE」

ヤマレコ



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

2016年9月24日(土)一時


RIMG6639_R
奇勝「屯鶴峯」 

今年の夏は沢登り中心でしたが、確保なしで登れ、また下山用の登山道がある沢に限定していました。楽しい沢登りの範囲を拡大するにはロープワークの習得が必須。
先月のクレン谷でふーさんからエイト環による懸垂下降を教えてもらったことをきっかけに、基本的なロープワークは身につけておきたいと思い、ふーさんにロープワーク講習会をお願いし、今回屯鶴峯で実施していただきました。

メンバー:ふーさん、山モンさん、HANAモンさん、かずぞうパパ

2016_0924_081114-P9244318_R RIMG6533_R
2016_0924_092834-P9244320_R RIMG6535_R
装備を整え支点の取り方、ロープの結び方等最初に基本的なことをふーさんからレクチャーしてもらい、その後は各自で実践

RIMG6573_R
HANAモンさん、初めての懸垂下降にしては落ち着いています

RIMG6558_R
山モンさんも負けてられないよねぇ

2016_0924_110743-P9244338_R
エイト環、ATC、ブルージック、そしてボディビレイといろいろ試してみました

RIMG6585_R
昼前に雨が降ってきたので東屋に移動してランチタイム

RIMG6582_R
山モンさん作「絶品チヂミ」ごちそうさまでした

RIMG6589_R
雨が止んだので午後の部スタート

RIMG6590_R
午前とは別の練習場所を探しています

RIMG6611_R
午後は垂直壁で懸垂下降 岩肌が脆いので沢同様、足で踏ん張ることができません

2016_0924_152855-P9244371_R
いつのまにか青空が

RIMG6626_R
高度感があります

2016_0924_150755-P9244364_R
ブルージックの滑りが悪く、横着してロープだけ掴んで登った1回目
調子こいて2回目登ったときに岩にかかっていたロープがずれてその衝撃で滑落・・・

ロープをすぐに離さなかったのと下がザレ場の斜面だったので落下による怪我はほとんどなかったのですがロープの摩擦により両手を火傷。最後の最後にやっちまったよ。

RIMG6638_R
ふーさんの空中懸垂

2016_0924_163830-P9244384_R
最後は「どんづる峯」前」でシェー


ベテランのふーさんによるロープワーク講習会。先月のクレン谷ではエイト環による懸垂下降だけ教えてもらいましたが、今回はブルージック、ATCさらにボディビレイと色々レクチャーしていただきました。
ATCによる懸垂下降はエイト環よりも楽でこれやったらエイト環は要らんなあと思っていたのですが午後は同じロープを使っているにもかかわらずロープの滑りが悪く、使えませんでした。またブルージックも滑りが悪く、横着してロープだけつかんで登った結果、ガイドにしていた脆い岩からロープが外れ、ロープが緩んだ衝撃に腕だけでは自重をささえきれず滑落・・・
必死でロープにしがみついていたのでずり落ちた時の摩擦で両手の指を火傷してしまいましたが、落下のショックは傾斜のあるザレ場を滑り落ちることで吸収されたようで右脛を少し擦りむいた程度で済みました。ほんの20センチ程度でも人が落下する重さに手だけでは耐えられないことを身をもって体験することになりました。
「お助け紐」のような簡易な確保は使う場所によってはむしろ危険になる可能性もあるので今後は気を付けなければいけないと思いました。
ズル剥けた手の指は山モンさんとHANAモンさんに応急処置をしてもらい、そのまま自分で車を運転して帰ることができましたが、帰宅してシャワーを浴びたら痛ッテーー。目ェ飛び出るかと思った。エエ薬なのかもしれません。


山モンさんのブログ「山モンLIFE」

ヤマレコ


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2016年9月22日(木)一時

天気予報が良くないので前回に続き近場のハイキング
今回は滝畑発の和泉山脈周回 
午後から雨予報だったので半日程度のショートルートのはずでしたが

RIMG6508_R
 今日の目的は仏岩ランチ


 メンバー:山モンさん、かずぞうパパ


RIMG6458_R
堺かつらぎ線は崩落後の法面補修のため通行止

当初は堺かつらぎ線で蔵王峠に抜け、燈明岳から三国山方面に縦走するつもりでした
しかし、燈明岳への登り口まで2時間以上もアスファルト歩き?

RIMG6464_R
アスファルト歩き短縮のため茗荷谷に入りました

RIMG6465_R
急な尾根を直登 神野山を目指します

RIMG6467_R
自然林の尾根ですがえらくゴチャゴチャしています

2016_0922_090109-P9224274_R
畑山(816m)

RIMG6473_R
朽ちた三菱のジープ
 
RIMG6478_R
七越峠 昔は茶所があったようです

 2016_0922_100023-P9224280_R
三国山

RIMG6500_R
 桧原分岐から仏岩に向かうため急斜面を下りていきます

RIMG6501_R
 仏岳(390m)

RIMG6503_R
仏岳からの展望 天気の割に遠くまで良く見えていました

2016_0922_122316-P9224293_R
 仏岩でシェー

RIMG6508_R
仏岩のゲレンデ 今日は誰も居ません

RIMG6506_R
 前回の西タツガ岩に続き今回も岩の上でランチタイム

2016_0922_124654-P9224299_R
 仏岩を下ります

RIMG6515_R
 施福寺

 RIMG6517_R
施福寺から岩湧山

RIMG6519_R
 奥は金剛山、手前の露岩は猿の前栽

RIMG6524_R
ダイトレの崩落箇所 一昨日の台風16号で崩れたようです

RIMG6525_R
山側を慎重に通過

2016_0922_143848-P9224317_R
天神社から下山

RIMG6528_R
下山は14時40分、結局天気はもちました


雨に降られるのを覚悟で決行した和泉山脈ハイキングでしたが結果的に8時間半、21kmしっかりと歩けてしまいました。遠出をあきらめた結果の即席の計画だったので、あまり期待していなかったのですが自然林の多い和泉山脈はなかなか良いルートで仏岩ランチもしっかりと楽しめました。天気予報が良かったらなかなか計画しないルートだったので今回歩くことができてラッキーでした。


山モンさんのブログ「山モンLIFE」

ヤマレコ




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

このページのトップヘ