かずぞうパパの山歩記

近畿一円の山行記 最近は大峰・台高が多いかも

カテゴリ: 登山

2017年5月27日(土)

RIMG9745_R
美しい八剣谷

今年初めての双門ルート
稲村ヶ岳のオオミネコザクラが見頃のようなのでこちらもそろそろかな?と弥山川へ。

メンバー:かずぞうパパ(単独)

RIMG9673_R
新緑の弥山川 

RIMG9674_R
水量が少ないので渡渉が楽 初めて行くならこの時期が最適

RIMG9678_R
撮影ポイントのへつり箇所 人が映らないとただの壁

RIMG9684_R
一時間ちょいで吊橋に到着

RIMG9685_R RIMG9687_R
吊橋より           一ノ滝

RIMG9688_R
ザンキ平まではひたすら上りが続きます

RIMG9692_R
サラサドウダン

RIMG9699_R RIMG9702_R
ザンキ平から15分下ったところでアクシデント発生!
腕時計が無い!

ザンキ平で日焼け止めを塗った時に外した腕時計を置き忘れてしまいました。腕時計を取りに戻るため掟破りの双門ルート逆行を決めました!
テンションはダダ下がり。しかし登り返しを開始してすぐに(1分未満)ソロの女性が前から歩いてきて「時計?」置き忘れていた腕時計を持ってきてくれていました。何てラッキーな!もう女性が女神様に見えました(笑) お礼を言って腕時計を受け取りました。双門ルートは今回で8回目になりますがソロの女性に会ったのは初めてでした。岡山から4時間かけて運転してきたそうです。

RIMG9704_R RIMG9705_R
双門ルート後半戦の沢ルート

木、金に降った雨の影響はほとんど無く、渇水期の弥山川は歩きやすかったです。

RIMG9710_R
あっという間に双門名物「鎖梯子」ですが、この梯子に目を取られていると・・・

RIMG9712_R
正面の岩壁一面に咲くオオミネコザクラを見落としてしまいます

RIMG9717_R RIMG9718_R
RIMG9724_R RIMG9725_R
RIMG9729_RRIMG9733_R
ここまでたくさんのオオミネコザクラを見たのは初めて

RIMG9734_RRIMG9738_R
9時半に狼平に到着 「双門ルート」はここで終了

RIMG9742_R RIMG9744_R
狼平から先も引き続き弥山川を詰めます 八剣谷ルートへ

RIMG9745_R RIMG9746_R
RIMG9747_R RIMG9750_R
大峰ブルーに癒やされます

RIMG9752_RRIMG9759_R
前半が緩やかだった分、後半はガレの急登になります

RIMG9756_R RIMG9757_R
八経ヶ岳まで行ってしまうと人だらけになるので木陰を見つけてランチタイム
最近はまり気味のアジアンカップヌードル

RIMG9763_RRIMG9764_R
食後は八経ヶ岳への急登

RIMG9768_RRIMG9765_R
ピークは何処だ?          振りかえったところ

RIMG9770_R
八経ヶ岳に到着
人だらけなのでこの写真だけ撮ってすぐに退散 明星ヶ岳へ

RIMG9772_R
三角形の頂仙岳 奥には金剛山・葛城山

RIMG9780_R
明星ヶ岳へ直登

RIMG9787_R RIMG9782_R
明星ヶ岳 3月には雪に埋まっていたお地蔵様にご挨拶

RIMG9783_R
八経ヶ岳

RIMG9784_R
仏生ヶ岳、釈迦ヶ岳、チラッとネコ耳(七面山東峰)

RIMG9793_R
ネコ耳 奥に八人山ブラザーズ

RIMG9796_R RIMG9801_R
日裏山、頂仙岳のマイナーピークを通過

RIMG9802_R
頂仙岳から見た大日山、稲村ヶ岳、バリゴヤノ頭、奥に山上ヶ岳

RIMG9808_R RIMG9809_R
涼しい風が吹く新緑の森を抜けて

RIMG9810_R RIMG9811_R
14:22 下山しました


今年初めての双門ルートはオオミネコザクラ目当てのソロ山行になりました。
湿気が高く快適とは言えなかった前半戦、ザンキ平に腕時計を忘れてくるアクシデント。今日の双門山行は失敗やったかな?とテンションダダ下がりでしたが、時計を回収しに逆走を始めた直後、時計を拾って届けてくれたソロの女性にお会いするという幸運に恵まれ、そこから一気に運気も体調も好転。まさに女神様との遭遇(笑)でした。
沢に降りてからは大きな岩を乗り越えてどんどん進みます。そしてたどり着いた聖門滝の岩壁には想像していた以上にオオミネコザクラがびっしり。一年前、ソロの双門ルート遡行はつまらないと感じていたのでためらいはあったのですが、来てよかった。
狼平到着後は登山道に入らずそのまま弥山川を遡行、八剣谷へ。涼しい風が吹く美しい八剣谷をゆっくりと進みました。今日は山頂はどこも人だらけだろうとランチも八剣谷の木陰で。そのためランチ後はいきなり八経ヶ岳への急登となりました。八経ヶ岳は予想通りの人だらけ。本日の目的のオオミネコザクラと八剣谷なので八経ヶ岳はオマケ(笑)
八経ヶ岳では写真だけ撮って即退散。明星ヶ岳、日裏山、頂仙岳と人気のないピークを通って下山。
今年最初の弥山川遡行、完了しました。




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ 
にほんブログ村

2017年5月20日(土)

RIMG9642_R
新緑の台高縦走路

昨年、山モンさんと四分割して達成した台高日帰り分割縦走。
アップダウンが激しく距離も長い池木屋山以南は時間との戦いでゆっくり楽しむ余裕はなかったので1年ぶりにレビューしてみました。

メンバー:かずぞうパパ(単独)

RIMG9586_R RIMG9662_R
5:44 山ノ神が鎮座する三之公登山口をスタート

RIMG9590_R
後南朝の遺跡「三之公行宮跡」
尊義王・自天王・忠義王の3人の公家が住まいした地という意味で「三之公」

RIMG9594_R RIMG9597_R
バイケイソウ地帯を過ぎ、稜線への急登を一気に上がりました

RIMG9601_R
シロヤシオはまだ咲き始め

馬ノ鞍峰~弥次平峰のシロヤシオのトンネルを期待していましたが、まだ早いようなので馬ノ鞍峰からは南部方面に進むことに決定

RIMG9603_R RIMG9606_R
7:23 馬ノ鞍峰(1177.8m)

RIMG9607_R
急な痩せ尾根を下りていきます

RIMG9613_R
広い尾根は道迷いし易い 今日も2,3回ルートを外れました

RIMG9616_R
銀ちゃんお目覚め

RIMG9612_R
ヤマツツジ

RIMG9622_R
シロヤシオ

RIMG9624_R
ヒメシャラ幼木の藪

RIMG9626_R
展望はほとんど期待できない台高縦走路ですが木々の間に小さく見える大普賢岳

RIMG9632_R RIMG9634_R
10:00 山ノ神ノ頭(1099.1m)に到着

RIMG9631_R
三之公からの直線距離は2kmほどしかありませんが、直登ルートは水源地の生態系保護のため立入禁止
近くて遠い山ノ神ノ頭

まだ10時なのでこの先に進むことも考えましたが本当に行きたいブナの平まではさらに2時間ほどかかるので山頂でゆっくり過ごすことにしました

RIMG9635_R
新緑を見上げながらお昼寝タイム

RIMG9637_R RIMG9640_R
しっかり2時間休憩後、復路スタート

RIMG9644_R
GWに歩いた白鬚岳からの稜線

RIMG9645_R
大普賢岳、山上ヶ岳

明神滝1
明神滝

RIMG9660_R RIMG9654_R
RIMG9658_R
足元にはヒメレンゲ
あと2~3週間で滝の周りも黄色に染まるでしょう

RIMG9661_R
16:16 下山

1年ぶりの台高南部の縦走路、アップダウンの連続、道迷いしやすい気を抜くことができないルートですが、今回は時間的に余裕があり空気も乾いていたので快適に歩くことができました。
気になっていた三之公のヤマビルはまだ活動開始前だったようでジョニー+高濃度ハッカ油は空振りに終わりました。次は馬ノ鞍峰から弥次平峰方面に歩いてシロヤシオのトンネルを潜りたいのですが来週のお天気はイマイチ。もう梅雨に入ってしまうのかなあ?




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ 
にほんブログ村

2017年5月14日(日)


RIMG9548_R
赤嵓平からの展望

GWに山モンさんと白鬚岳~赤嵓山をピストンした時に展望が素晴らしかった赤嵓平。
当日は27km、12時間超のロング山行でゆっくり出来なかったので今回は半分の時間で行ける大又から行ってきました。


メンバー:かずぞうパパ(単独)


RIMG9482_R RIMG9484_R
雨上がりの大又林道             明神滝は水量多め

RIMG9487_RRIMG9489_R
ガスが立ち込める明神平    冷たい強風のため合羽を着ました

RIMG9495_R RIMG9497_R
明神岳、笹ヶ峰を通り
RIMG9503_R RIMG9506_R
千石山                                                       台高縦走路はケルンを右に
RIMG9511_R
右側が赤嵓山 山頂の右下に赤嵓平が広がっています

RIMG9513_R RIMG9517_R
赤嵓山への上り

RIMG9524_R RIMG9522_R
赤嵓平に到着

RIMG9530_R RIMG9531_R
まだ時間が早いので前回から気になっていたP1221南面の草地へ

RIMG9533_RRIMG9536_R
P1221側                目の前には弥次平峰

RIMG9538_R
赤嵓平に戻ってきました

RIMG9540_R
晴れてきました 黄砂で白っぽいけど大展望を眺めながらランチ

RIMG9542_R
ランチ後は仰向けに寝転がって1時間ほどボーッとしていました

RIMG9543_R
旋回しているのは鷹かな?

RIMG9547_R
千石山 復路ではあの草付の斜面を登ってみよう

RIMG9548_R
これで見納め 約1時間半の大休止でした

RIMG9554_R
左:千石山 右側のピークを目指して登ります

RIMG9560_R
登りついたところはアケボノツツジが満開でした

RIMG9564_R RIMG9563_R
アケボノツツジ

RIMG9561_R
ここからの展望は赤嵓平以上
 
RIMG9565_R
白鬚岳とその奥の大普賢岳まで見えました

RIMG9569_R RIMG9571_R
往路は寒かったのに復路は・・・暑い❢

RIMG9575_R
明神平に戻ってきました

RIMG9577_R
オオルリ

RIMG9578_R
初めて写真におさめることができました

RIMG9584_R
ヒメレンゲ

13日の山行計画は雨で流れ、14日は山モンさんの都合がつかずソロ山行。
雨後なので沢筋やバリルートは止めておこうと大又から台高縦走路で赤嵓山へ
大又林道駐車場を5時半スタート。最初は欲張って桧塚奥峰に寄ろうとか池木屋山まで行こうかと思っていましたが体調がイマイチ優れず、さらにいつもは15~30分程度でおさまる右足底の痛みがなかなかおさまらないのでどちらも止めてまっすぐ赤嵓山へ。
目的地の赤嵓平には9時頃に到着。さすがにランチには早いので前回もう一箇所気になっていた支尾根のP1221南面にある草付の斜面を調査に行ってみました。伐採跡地と思われるその場所は目の前に弥次平峰が座っており、日当たりが良くランチには良いだろうなと思いましたが小さな虫が多くて展望もイマイチだったので赤嵓平に戻りました。
晴れてきて展望も良くなってきた赤嵓平で早めのランチタイム。コーヒーを飲み終えてもまだ10時半過ぎ。そのまま仰向けに寝転がったまま約1時間、ボーーーッと過ごしました。
その間も他のハイカーや動物の気配はなし。静かな赤嵓平でした。






にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ 
にほんブログ村

2017年5月5日(金)

RIMG9469
岩湧山から見たダイトレの稜線

昨年8月に初トライしたダイトレ全縦。全長45km、累積標高差3000m超のロングルートを16時間で完歩したものの前半は睡魔、後半は暑さとアブとの戦いで、もうやらん、と思っていたのですが今の季節なら気持ちよく歩けるんとちゃうん?とウズウズしてきてこどもの日の5月5日、午前0時スタートで行ってきました。

メンバー:かずぞうパパ(単独)


RIMG9377 RIMG9379
ダイトレ起点 屯鶴峯入口 午前0時全長45kmの無泊縦走スタート


RIMG9382 RIMG9384
二上山への上りはたまに見える夜景を楽しみながらのんびりと

前回は序盤でバテてしまったのでナイトセッションは頑張らない、コーヒータイムなどを入れて楽しみながら歩く、と決めていました。

RIMG9404
大和葛城山から見た夜明けの奈良盆地


RIMG9418 RIMG9420
水越峠の手前で夜が明け「金剛の水」のテーブルで朝食


RIMG9426 RIMG9432
朝6時半、まだ静かな金剛山

RIMG9434 RIMG9439
中葛城山までで7時間 この辺りが時間的な中間点

RIMG9459 RIMG9465
紀見峠まではダラダラ下りですが紀見峠以降は再び上りに
特に岩湧山三合目までの長い上りは前回苦戦したところでしたが今回も一番しんどいところでした

RIMG9466
根古峰を過ぎたところで嬉しいサプライズが・・・

正面から手を振りながら走ってきたランナーは、何と山モンさん。
私がダイトレ全縦しているのを知って槇尾山から走って駆けつけてくれました。

RIMG9477
最後の10kmは山モンさんの伴走で

RIMG9468 RIMG9473
人気の岩湧山は多くのハイカーで賑わっていました

2017_0505_135229-P5058387 2017_0505_135323-P5058390
13:55 ゴールの槇尾山施福寺に到達 
2回めのダイトレ全縦チャレンジ、無事成功しました

RIMG9481 RIMG9480
槇尾山施福寺         14時間かけて歩いたダイトレの稜線

2017_0505_135839-P5058392 2017_0505_141824-P5058393
終盤伴走してくれた山モンさんとシェー   下山後の炭酸ガブ飲み、至福の時間(笑)


2回目のダイトレ全縦チャレンジ。真夏に挑戦した前回の反省を踏まえ、睡魔との戦いになる最初のナイトセッションは頑張らないこと、コーヒータイムなどを入れてのんびり歩く、と決めていました。そのおかげでやはり睡魔は襲ってきましたが比較的快適に歩くことができました。乾いた冷たい風が吹いていたので最初の4時間は上着を着たままでした。
食事は3時間毎におにぎり1個。それ以外は必要に応じてフルグラとスポドリを補給。
4時過ぎに大和葛城山に到着。徐々に赤みが増す東の空を眺めながら水越峠に下りていきました。
金剛山を過ぎ、中葛城山以降紀見峠まではダラダラと下り。9時半ころに紀見峠到達後は岩湧山に向けて再び上り。ここは前回勾配のきつい上りの連続と暑さのためバテバテになったところ。ボ谷の池手前のベンチに腰掛けて一旦リセット。無泊縦走のため疲労感があるのは当たり前と思っているので少々の不具合は気にならないのですが、前回足の膨張のため靴紐が登山靴にくい込んでいることに気づかず下山後足が痣だらけになったのを思い出し、体の全部位をチェック。やはり靴はきつめになっていたので靴紐を弛めました。持ってきていた柏餅を食べ、呼吸も落ち着いたところで再スタート。岩湧山三合目までの長い上りはやはりきつかったけれど前回よりはまともに歩くことができました。
岩湧山三合目に到達すればあとはきついところがないので徐々にペースアップを始め、根古峰を過ぎたところで嬉しいサプライズ。正面からこちらに手を振りながら走ってきたトレイルランナーは何と山モンさん。槇尾山から2時間走って駆けつけてくれました。ここから先は山モンさんの伴走で最後の3時間を歩き通し13時55分、槇尾山施福寺にゴール。前回よりコースタイムを2時間短縮しました。真夏に歩いた前回と異なり今回はなかなか快適な縦走でした。2日前の台高支尾根縦走27kmの疲労が抜けず、直前まで決行するか否かを迷っていたのですが歩いている間は歩く前よりも調子がよく、思い切って行っておいて良かったです。翌日の疲労も意外に軽く済み、体がロングモードに慣れてしまったようです。山モンさんのサプライズ登場もあり、二度目のダイトレ全縦は楽しく歩くことができました。これなら今後も続けられそうやな(笑)




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ 

にほんブログ村

2017年5月3日(水) のち一時

RIMG9355_R
白髭岳~赤嵓山の稜線を一望

メンバー:山モンさん、かずぞうパパ

1年前に台高縦走路(三ノ公~馬ノ鞍峰~弥次平峰)を歩いたときにお隣に見えていた気になる尾根。
昨秋、山モンさんが単独で調査登山(東谷出合~白髭岳~登尾)した結果、頑張れば台高縦走路の赤嵓山まで日帰りピストン出来そう、ということでGWのど真ん中、朝5時スタートで行ってきました。
 
RIMG9276_R   RIMG9279_R
4:52  東谷出合登山口      神之谷出合

2017_0503_061111-P5038271   RIMG9288_R
6:11 最初のピーク 小白髭岳  目の前にはトンガリ白髭岳

RIMG9290_R   2017_0503_065315-P5038283
6:53 白髭岳(1378.2m)

RIMG9291_R   RIMG9295_R
360度展望の山頂からより大峰山脈と大台ケ原

RIMG9297_R   2017_0503_074630-P5038287
7:45 大鯛山(1146m)

RIMG9312_R
ほぼ中間地点の登尾分岐よりこれから歩く稜線を見下ろす

RIMG9313_R   2017_0503_091843-P5038317
美しいV字谷を見下ろしながら戸倉山への稜線を登る

RIMG9332_R   2017_0503_111019-P5038332
赤嵓山への急登

2017_0503_111707-P5038334 2017_0503_111822-P5038339
6時間半かけて赤嵓山(1394m)に登頂

山頂は石楠花ブッシュの中にあり特に魅力はないけれど少し下りたところに素敵な場所を見つけました

RIMG9344_R
赤嵓平 

2017_0503_113550-P5038349
何という開放感!

RIMG9351_R   2017_0503_113247-P5038344
時間があればゆっくりしたい場所です

RIMG9356_R   RIMG9361_R
しかし時間が押しているので歩いてきた稜線を戻ります
白髭岳はまだ遥か遠く

RIMG9365_R   2017_0503_151925-P5038357
白髭岳への勾配のきつい登り返し

2017_0503_152944-P5038362   2017_0503_152946-P5038363
15:20 ようやく白髭岳まで戻ってきました 
   美しい大峰の稜線に向かってバンザイ
  
RIMG9368_R
大普賢岳

RIMG9370_R   2017_0503_154349-P5038371
山容の美しい白髭岳は下りるのもちょっと難儀

RIMG9373_R   RIMG9374_R
登山道を塞いでいるのは白いおしりの鹿君

RIMG9376_R
17:14 下山 トータルタイム12時間22分! お疲れー


昨年分割縦走した台高縦走路は展望がなく歩きにくい難ルートでしたが、今回歩いた白髭岳~赤嵓山の支尾根は歩きやすく展望最高の素敵なルートでした。時間的にはかなり厳しい12時間超のピストンになりましたが、6時間半かけてたどり着いた赤嵓山の北西に広がる赤嵓平はゆっくりとランチしたくなる場所でした。もう一度、ゆっくりと行ってみたいけれどそのためには新たなルート開拓が必要。
誰か開拓してくれへんかな?






にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

このページのトップヘ