かずぞうパパの山歩記

近畿一円の山行記 最近は大峰・台高が多いかも

カテゴリ:登山 > 大峰

2017年5月27日(土)

RIMG9745_R
美しい八剣谷

今年初めての双門ルート
稲村ヶ岳のオオミネコザクラが見頃のようなのでこちらもそろそろかな?と弥山川へ。

メンバー:かずぞうパパ(単独)

RIMG9673_R
新緑の弥山川 

RIMG9674_R
水量が少ないので渡渉が楽 初めて行くならこの時期が最適

RIMG9678_R
撮影ポイントのへつり箇所 人が映らないとただの壁

RIMG9684_R
一時間ちょいで吊橋に到着

RIMG9685_R RIMG9687_R
吊橋より           一ノ滝

RIMG9688_R
ザンキ平まではひたすら上りが続きます

RIMG9692_R
サラサドウダン

RIMG9699_R RIMG9702_R
ザンキ平から15分下ったところでアクシデント発生!
腕時計が無い!

ザンキ平で日焼け止めを塗った時に外した腕時計を置き忘れてしまいました。腕時計を取りに戻るため掟破りの双門ルート逆行を決めました!
テンションはダダ下がり。しかし登り返しを開始してすぐに(1分未満)ソロの女性が前から歩いてきて「時計?」置き忘れていた腕時計を持ってきてくれていました。何てラッキーな!もう女性が女神様に見えました(笑) お礼を言って腕時計を受け取りました。双門ルートは今回で8回目になりますがソロの女性に会ったのは初めてでした。岡山から4時間かけて運転してきたそうです。

RIMG9704_R RIMG9705_R
双門ルート後半戦の沢ルート

木、金に降った雨の影響はほとんど無く、渇水期の弥山川は歩きやすかったです。

RIMG9710_R
あっという間に双門名物「鎖梯子」ですが、この梯子に目を取られていると・・・

RIMG9712_R
正面の岩壁一面に咲くオオミネコザクラを見落としてしまいます

RIMG9717_R RIMG9718_R
RIMG9724_R RIMG9725_R
RIMG9729_RRIMG9733_R
ここまでたくさんのオオミネコザクラを見たのは初めて

RIMG9734_RRIMG9738_R
9時半に狼平に到着 「双門ルート」はここで終了

RIMG9742_R RIMG9744_R
狼平から先も引き続き弥山川を詰めます 八剣谷ルートへ

RIMG9745_R RIMG9746_R
RIMG9747_R RIMG9750_R
大峰ブルーに癒やされます

RIMG9752_RRIMG9759_R
前半が緩やかだった分、後半はガレの急登になります

RIMG9756_R RIMG9757_R
八経ヶ岳まで行ってしまうと人だらけになるので木陰を見つけてランチタイム
最近はまり気味のアジアンカップヌードル

RIMG9763_RRIMG9764_R
食後は八経ヶ岳への急登

RIMG9768_RRIMG9765_R
ピークは何処だ?          振りかえったところ

RIMG9770_R
八経ヶ岳に到着
人だらけなのでこの写真だけ撮ってすぐに退散 明星ヶ岳へ

RIMG9772_R
三角形の頂仙岳 奥には金剛山・葛城山

RIMG9780_R
明星ヶ岳へ直登

RIMG9787_R RIMG9782_R
明星ヶ岳 3月には雪に埋まっていたお地蔵様にご挨拶

RIMG9783_R
八経ヶ岳

RIMG9784_R
仏生ヶ岳、釈迦ヶ岳、チラッとネコ耳(七面山東峰)

RIMG9793_R
ネコ耳 奥に八人山ブラザーズ

RIMG9796_R RIMG9801_R
日裏山、頂仙岳のマイナーピークを通過

RIMG9802_R
頂仙岳から見た大日山、稲村ヶ岳、バリゴヤノ頭、奥に山上ヶ岳

RIMG9808_R RIMG9809_R
涼しい風が吹く新緑の森を抜けて

RIMG9810_R RIMG9811_R
14:22 下山しました


今年初めての双門ルートはオオミネコザクラ目当てのソロ山行になりました。
湿気が高く快適とは言えなかった前半戦、ザンキ平に腕時計を忘れてくるアクシデント。今日の双門山行は失敗やったかな?とテンションダダ下がりでしたが、時計を回収しに逆走を始めた直後、時計を拾って届けてくれたソロの女性にお会いするという幸運に恵まれ、そこから一気に運気も体調も好転。まさに女神様との遭遇(笑)でした。
沢に降りてからは大きな岩を乗り越えてどんどん進みます。そしてたどり着いた聖門滝の岩壁には想像していた以上にオオミネコザクラがびっしり。一年前、ソロの双門ルート遡行はつまらないと感じていたのでためらいはあったのですが、来てよかった。
狼平到着後は登山道に入らずそのまま弥山川を遡行、八剣谷へ。涼しい風が吹く美しい八剣谷をゆっくりと進みました。今日は山頂はどこも人だらけだろうとランチも八剣谷の木陰で。そのためランチ後はいきなり八経ヶ岳への急登となりました。八経ヶ岳は予想通りの人だらけ。本日の目的のオオミネコザクラと八剣谷なので八経ヶ岳はオマケ(笑)
八経ヶ岳では写真だけ撮って即退散。明星ヶ岳、日裏山、頂仙岳と人気のないピークを通って下山。
今年最初の弥山川遡行、完了しました。




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ 
にほんブログ村

2017年4月29日(土)時々一時

RIMG9236_R
南八人山から見た中八人山 奥には南奥駈の山々

GW初日は大峰南部の中八人山へ
近畿百名山の中八人山の他、南八人山、奥八人山、西八人山、下八人山 計5つの八人山オールスターズを巡りました。

メンバー:山モンさん、かずぞうパパ

RIMG9222_R RIMG9221_R
大野川出合の登山口 登山届ボックスがあります

RIMG9226_R RIMG9227_R
作業小屋の奥を渡渉するとモノレール小屋が現れました

RIMG9229_R
モノレールの軌道を伝い約1時間半かけて高度差700m登ります
鉄梯子が落ちているところがありちょっと危険

RIMG9233_R RIMG9235_R
標高1200m地点でモノレールから離れて尾根を直登する予定がそのまま
中八人山方向に進んでしまったので戻るような形で南八人山に登りました

RIMG9236_R
とても開放感のある南八人山

RIMG9237_R 2017_0429_103216-P4298197_R
南八人山山頂(1408m) 山頂標識はなし

RIMG9239_R
北側から見た南八人山 山頂は東西に広い

RIMG9238_R RIMG9240_R
お次は近畿百名山の中八人山へ

RIMG9241_R 2017_0429_105747-P4298208_R
二等三角点がある中八人山 近畿百名山だけど山頂銘板はなし

RIMG9247_R RIMG9248_R
奥八人山 ここにだけ山頂銘板がありました

RIMG9249_R RIMG9251_R
2017_0429_122624-P4298226_R 2017_0429_122924-P4298227_R
中八人山に登り返し、右にトラバースして西八人山方面へ

RIMG9252_R 2017_0429_123704-P4298230_R
西八人山 ここも山頂銘板なし

RIMG9253_R RIMG9254_R
最後のピーク、下八人山を目指します 右は今日見た唯一の案内板

RIMG9257_R RIMG9255_R
宮ノ谷ノ頭           東には釈迦ヶ岳、大日岳

RIMG9259_R
石楠花の藪に行く手を阻まれます 実はルートを外れていました

2017_0429_121404-P4298222_R 2017_0429_121903-P4298223_R
トラバースしてルート復帰 正規ルートは歩きやすい道でした

2017_0429_135251-P4298236_R 2017_0429_135254-P4298237_R
登山開始から5時間かけて最後のピーク、下八人山に到着

RIMG9274_R RIMG9275_R
南八人山からの下山路が分からず少し道迷い
結局下山も4時間かかりました

2017_0429_174749-P4298245_R
下山後、高滝に立ち寄りお疲れシェー


初めて大峰山脈南部の山に足を踏み入れました。近畿百名山の中八人山をはじめとする5つの「八人山」を一日で全部歩く企画。ネット上に登山記録は少なく、急登、道迷い、ヤブ山、マダニの巣窟などのネガティブ情報で人を寄せ付けないイメージ。
モノレールの軌道を掴みながら1時間半かけて標高700m上がるルートは登山道と呼べるものではありませんでしたが開放感のある南八人山は大展望の素敵な山でした。残る4つの八人山は南八人山ほどの展望はありませんでしたがどれもよく似た明るい山頂でした。しかし、この山域に山銘板や案内表示は皆無でリボンはあるけれどあまりあてにならない。地図とコンパスで方向を確認し、さらにGPSで位置を確認しながらの登山でしたがそれでも何回か道迷い。すぐに間違いに気がついたので大きなロスにはなりませんでしたがなかなか手強い山でした。また、マダニの棲む笹薮は消失したようで前情報よりはずっといい山でした。
たぶん、今後もハイキング道として整備されることはないのでしょうが、稜線に至るまでのモノレール軌道は一部破損しており、また軌道を掴まなければ登れないところが複数あることから、いつか登れなくなる日が来るのではないかな?今行っておいて良かった。





にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

2017年3月18日(土)

RIMG8762_R
冬の大普賢岳は簡単には登らせてくれなかった


メンバー:山モンさん、かずぞうパパ、リサちゃん(途中離脱)

2017_0318_055451-P3187598_R
和佐又に到着すると山岳ガイドのリサチャンがお出迎え
今日はよろしくお願いします

RIMG8712_R RIMG8713_R
和佐又山の方向に月が沈み、台高山脈から朝日が昇る6時10分、
和佐又登山口を出発
今期の冬季大峰最難関、大普賢岳に向かいます。

RIMG8714_R RIMG8716_R
序盤はリサちゃんが先導

2017_0318_070534-P3187607_R RIMG8722_R
途中からアイゼン装着 既にルートを外れています

RIMG8726_R RIMG8727_R
ミニ氷瀑

RIMG8729_R RIMG8730_R
笙ノ窟の氷筍が見たくて鷺ノ窟の真下から急斜面を這い上がり正規ルートに復帰
ようやくルートに復帰したので安心したのかリサちゃんとはここでサヨナラになりました

RIMG8737_R
笙ノ窟

RIMG8732_R RIMG8734_R
氷筍 氷の芸術

RIMG8738_R RIMG8739_R
窟群を過ぎるとトラバースそして急斜面を登ると日本岳のコル

RIMG8744_R RIMG8745_R
石ノ鼻 無雪期にはよじ登るこの岩もこの時期は容易に上がれます

RIMG8748_R RIMG8750_R
石ノ鼻より目の前の日本岳、そして大峰奥駈道

2017_0318_085721-P3187625_R
石ノ鼻より先はトラバース等危険箇所が連続します

RIMG8751_R 2017_0318_092852-P3187627_R
小普賢岳(1640m) 結局ここが今回の最高地点になりました

2017_0318_094641-P3187631_R 2017_0318_094811-P3187632_R
小普賢岳と大普賢岳のコルへはトラバースしてシリセード あれ?滑らない

2017_0318_095345-P3187633_R RIMG8755_R
そして大普賢岳に向けてアタックを開始しましたが・・・

この先は夏道をトラバースするのも冬道に上がるのも厳しそう
トレースがあればとりあえず進んでみるつもりでしたが初めての冬季大普賢岳でノートレースのリスクを取ることは危険と判断、撤退を決めました。

2017_0318_111909-P3187639_R RIMG8759_R
時間は十分にあるので復路の斜面でスタカット訓練
ピッケルで支点を構築しました

2017_0318_121013-P3187645_R 2017_0318_123706-P3187649_R
急斜面ではロープを下ろし懸垂下降

2017_0318_135857-P3187651_R 2017_0318_135902-P3187653_R
ヤマレコのHIROMITSU03さんと一緒に記念撮影

2017_0318_151034-P3187658_R
下山後に遅い昼食 他に誰もいない静かな和佐又でした


初の冬季大峰に挑戦したこの冬でしたが、大普賢岳は和佐又へのアクセスが厳しいことから考えていませんでした。先週末のヤマレコでFFスタッドレスでも和佐又まで上がれることを知り、急遽冬季大普賢岳チャレンジ計画が浮上しました。しかし同時に大普賢岳は他の大峰の山と比べると危険度、難易度の高い山。雪が減ってきてるとはいえ、初トライで登れるのか?不安はありましたが冬季大普賢岳へ初チャレンジ、決行しました。

序盤で窟群に向かう分岐を見落としましたが鷺ノ窟の真下から斜面を這い上がり半ば強引にコース復帰。このあたりまでは余裕がありましたが日本岳のコル、石ノ鼻を過ぎるとなかなか厳しいトラバースが待ち構えていました。小普賢岳は尾根に上がることで危険なトラバースを回避することができましたが、小普賢岳から一旦コルに下り、大普賢岳にアタックを 開始したものの、ノートレースでどこをどう進んでいいものかわからない。どちらに進むもかなり厳しそう。とりあえずで進む気にはなれず、今の実力ではこれ以上進んではいけないと判断。撤退を決めました。

高温で雪質が悪くなることを想定して朝6時から歩いているので時刻はまだ10時半。時間はまだ十分あるので小普賢岳の東側斜面を利用して、スタカットの訓練を実施。せっかくロープを出したので 急な下りは懸垂下降で降りて行きました。

和佐又登山口には14時半に下山。大普賢岳は惨敗でしたが、今の実力ではこんなもんかなあ?というのが正直なところ。危険箇所での安全確保をしっかり身に付けて来季また挑戦したいと思います。





にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

2017年3月11日(土) ときどき

 RIMG8640_R
霧氷に包まれたお釈迦様


大峰リベンジシリーズ最終回は釈迦ヶ岳
一度目は無氷、二度目は豪雪に阻まれ二ツ岩で撤退
今回三度目の挑戦でやっと白いお釈迦様に会うことが出来ました

メンバー:山モンさん、かずぞうパパ


RIMG8571_R RIMG8573_R
すっかり雪が無くなった小仲坊

RIMG8577_R RIMG8625_R
平日に雪が降ったようです     新規投入の12本爪アイゼンを装着

2017_0311_082912-P3117491_R
登山口から2時間弱で二ツ岩に到着

RIMG8582_R 2017_0311_084147-P3117493_R
RIMG8583_R 2017_0311_084358-P3117495_R
二ツ岩から先はトラバース天国 しかし期待の12本爪がしっくりこない!

2017_0311_092810-P3117499_R RIMG8592_R
これ以上のトラバースを避けるため沢に下りました

RIMG8595_R 2017_0311_095658-P3117502_R
太古ノ辻まで沢道で直登

2017_0311_100622-P3117505_R
10時に太古ノ辻に到着
ここから2時間かけて釈迦ヶ岳へ

RIMG8600_R RIMG8603_R
深仙の宿

2017_0311_104933-P3117515_R
いざ、釈迦ヶ岳へ

RIMG8613_R 2017_0311_112928-P3117519_R
ノートレースの長いトラバースが続きます

2017_0311_113747-P3117520_R RIMG8618_R
釈迦ヶ岳山頂に向けて最後の登り

RIMG8630_R RIMG8631_R
2017_0311_114757-P3117524_R RIMG8632_R
2017_0311_115232-P3117525_R RIMG8633_R
霧氷が大きくなってきました

RIMG8641_R RIMG8639_R RIMG8642_R
RIMG8638_R RIMG8650_R RIMG8657_R
釈迦ヶ岳に登頂 やっと白いお釈迦様に会うことが出来ました

2017_0311_120016-P3117535_R 2017_0311_120018-P3117536_R
白いお釈迦様の前で

RIMG8663_R RIMG8664_R
青空は無いけれど強風が吹く山頂付近は白銀の世界

RIMG8674_R RIMG8675_R
展望はあまり良くなかったけれど七面山は先週の裏側を見ることが出来ました

RIMG8680_R RIMG8686_R
名残惜しいけれどそろそろ下山のお時間です

2017_0311_133129-P3117568_R
下山途中で左のアイゼンの装着不良に気がつき修正
しっくりこなかった訳はこれかー

2017_0311_135007-P3117570_R
太古ノ辻から先は沢の斜面を駆け下り

RIMG8708_R
下山しました 小仲坊の煙突から上がる白い煙

 2017_0311_162213-P3117576_R 2017_0311_162307-P3117578_R
下山後は不動七重の滝で記念撮影      リベンジ達成、お疲れシェー

bloggif_58c4fb1c1474e
不動七重の滝


1月の大寒波以降、大峰の山は積雪量が多くなり「撤退」がシリーズ化してしまいましたが、稲村ヶ岳、八経ヶ岳とリベンジを果たし、残るは釈迦ヶ岳
先週から釈迦ヶ岳登頂のレコがアップされ始めたのでそろそろ登頂は可能だろう、あとは霧氷に包まれた真っ白なお釈迦様に会えるかどうか・・・この冬3回目の前鬼へ
確実に登頂するため今日は自宅を4時に出発して6時半に前鬼林道終点登山口に到着。
既に林道に積雪は無く、登山道も木階段が現れるまでは積雪無し。二ツ岩まで2時間で到達。ここまでは順調。
ここから先はトラバースの連続。本日新規投入したベツル製12本爪アイゼンがその威力を発揮するはずでしたが何故かこれまで履き倒したクラシカルなカジタックス8本爪よりも頼りなく不発。また太古ノ辻までの登山道は分かり難く危険を感じたので見通しが利く沢に下りて太古ノ辻まで沢を登ることにしました。踏み抜きはあったものの滑落する場所は無いので時間はかかりましたが安全でした。
太古ノ辻には10時に到着。2時間かけて釈迦ヶ岳を目指します。相変わらずノートレースの登山道はテープ頼り、尾根の上側でなく下の方の道を選んでしまったのでまたまたトラバース祭り。凍りついた硬い雪と新雪のフカフカ雪がランダムに入れ替わり足首が辛かった。それでも木々の霧氷がどんどん大きくなってくると真っ白なお釈迦様に会える期待が高まり山頂への最後の登りは全く苦になりませんでした。
そして12時前に念願の釈迦ヶ岳に登頂。冷たい風が吹く山頂のお釈迦様は期待通り見事に真っ白な霧氷に包まれていました。青空が無かったのは少し残念ですが先週の八経ヶ岳と違い、霧氷はシャープさを保っていました。山頂でゆっくりしたかったのですがランチするには寒すぎたので山頂のお釈迦様を拝むことが出来る風の吹かない尾根まで下りてランチタイム。
太古ノ辻に向かい下山する途中に、右足と左足のアイゼンの装着状態が違うことに気がつきました。同じアイゼンを装着する山モンさんと比べると左足の方がおかしいことに気がつき付け直しました。今日は下山時もトラバースが何箇所かあるので不安があったのですが付け直してからはしっかりとグリップしたのでそれ以降のトラバースは楽に歩くことが出来ました。何でもっと早く気がつかへんかったんやろ?
前鬼林道終点には16時に無事下山。
3週連続の大峰リベンジシリーズ、完結しました。





にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2017年3月4日(土)

2017_0304_110550-P3047421_R
 雪の八経ヶ岳へ


1月22日、深雪に阻まれ大黒岩の手前で撤退した冬季八経ヶ岳 
3月に入り、雪が減ってきたところを狙い再チャレンジしました。


メンバー:山モンさん、かずぞうパパ


RIMG8459_R RIMG8463_R
平日に積雪したようでカナビキ尾根からノートレース 

RIMG8469_R
金引分岐から見た頂仙岳 あまり白くないね まさか無氷?

RIMG8472_R
金引分岐から突然現れたトレースの主を発見 ザックがえらく小さい
声をかけたら返事は英語 外国の方でした
Go ahead. と言ってくれたので頂仙岳トラバースの途中から先行しました

RIMG8477_R
ノートレースの頂仙岳トラバース

2017_0304_083151-P3047378_R RIMG8475_R
先週の稲村ヶ岳と比べたら斜度が緩いので恐怖感は・・・無さ過ぎる!

RIMG8478_R
暖かくなってきたからか今日は小動物のトレースが多かった

RIMG8480_R RIMG8479_R
高崎横手 今週新たに積もった雪

RIMG8487_R 2017_0304_090046-P3047379_R
雪が深くなってきました

RIMG8494_R 2017_0304_091117-P3047382_R
狼平の吊橋はドカ雪で重そう

RIMG8497_R
いつ見ても美しい狼平避難小屋

2017_0304_091552-P3047387_R 2017_0304_091633-P3047390_R
その前ではしゃぐ(笑)

RIMG8505_R
弥山へ

2017_0304_103721-P3047399_R
最後の登り

RIMG8517_R
弥山小屋に到着 入り口は完全に埋まっていました

2017_0304_104745-P3047406_R 2017_0304_104820-P3047410_R
鳥居もこんな感じ

RIMG8522_R
雪に埋まる鳥居と山頂看板

RIMG8523_R
稲村ヶ岳~大普賢岳

RIMG8526_R
八経ヶ岳

2017_0304_110550-P3047421_R RIMG8529_R
八経ヶ岳へ冬道を直登します

RIMG8531_R
最後の急斜面を上がると

RIMG8534_R
錫杖が見えました

2017_0304_113435-P3047426_R
登頂、八経ヶ岳 本日一番乗りです

2017_0304_113440-P3047428_R
そしてその奥に見えたのは?

RIMG8537_R
「白ネコ」の七面山

RIMG8548_R
頂仙岳方面 奥には金剛山・葛城山

2017_0304_114514-P3047430_R
続いて明星ヶ岳へ

RIMG8549_R RIMG8551_R RIMG8556_R
立ち枯れの木々に付いたエビの尻尾

RIMG8554_R
急斜面は尻セードで

2017_0304_120846-P3047440_R
明星ヶ岳へ直登

RIMG8558_R
明星ヶ岳に登頂 奥は八経ヶ岳

RIMG8557_R
積雪は約1メートル

2017_0304_121150-P3047442_R 2017_0304_121154-P3047444_R
真っ白な山頂ではしゃぎまくり

RIMG8561_R
釈迦ヶ岳

RIMG8564_R
下山開始

RIMG8566_R
下山時に見えた七面山(ネコ耳) またね!

RIMG8568_R
頂仙岳トラバースは道が出来ていました

RIMG8570_R
下山


冬季大峰「リベンジ」第二弾は近畿最高峰「八経ヶ岳」
1月22日は雪が深く、大黒岩の手前で往路のタイムリミットになり撤退となりました。
先週の稲村ヶ岳は雪が減りさらに締まったためアイゼンでも歩きやすかったのでこれなら八経ヶ岳も行けるだろうと「リベンジ」決行しました。
熊渡の登山口を5時50分に出発。他にも車は5台ほど停まっていましたが皆さんまだ待機中のため一番手スタート。尾根の途中から現れた積雪は、平日に積もった新雪で先週までのトレースは綺麗に無くなっていました。カナビキ分岐までは計画通りの時間で行けましたが少しずつ雪が深くなっていきました。カナビキ分岐から先に新しいトレースが現れましたが頂仙岳のトラバースでトレースの主を追い越してからは八経ヶ岳までずっとノートレース。狼平避難小屋までは比較的楽に歩けたものの、弥山までの登りは登山道が分かりにくく、さらに踏み抜き地獄で弥山到着は計画の40分遅れ。標高1895mの弥山は鳥居や山頂看板が雪に埋もれており、まだしっかり雪がありました。
弥山~八経ヶ岳はオオヤマレンゲ群生地のゲート(積雪時は開かない)を通る夏道を避け、東側の冬道へ。
八経ヶ岳には11時40分に到着。明星ヶ岳からのトレースも付いておらず本日一番乗りでした。
八経ヶ岳登頂後はいつものランチ場、明星ヶ岳へ。霧氷が綺麗なこの区間も暖かい日差しを受けてかなり霧氷が落ちていましたがまだ大きいものも残っていました。青空+霧氷、この冬最後になるかも。
八経ヶ岳山頂は賑わっているようでしたが明星ヶ岳まで来る人は他に無く、山頂独占状態でランチタイム。山頂はポカポカ陽気で手袋無くても平気。心地良かったけれど楽しい「冬山」はもう終わりなのかー、と少し寂しい気分でした。
復路はレンゲ道経由で下山。
熊渡到着は16時。久しぶりのロング参考で今回は結構足が疲れました。
でもやっぱり雪山は楽しい。3月に入り既にロスタイムに入っているけれど、まだもうちょっと雪山を楽しみたい。






にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

このページのトップヘ