かずぞうパパの山歩記

近畿一円の山行記 最近は大峰・台高が多いかも

カテゴリ:登山 > その他近畿の山

2017年5月1日(月)時々

2017-05-01-10-47-26 2017-05-01-10-58-31
春の山メシ第2弾はコシアブラ祭り

メンバー:かずぞうパパ(単独)

今年は冬が長かったせいか山野草全般が遅れ気味。前回ふーさん、山モンさんと3人で企画した「春の山メシ」はタラの芽がメインで本命のコシアブラはちょっと時期が早かった。
今回は単独で山菜ハンター。

2017-05-01-11-19-43
本日の収穫 タラの芽、コシアブラ、ユキノシタ
タカノツメとイタドリは沢山あったけどスルーしました

2017-05-01-11-27-33 2017-05-01-11-34-13
今日の山メシはコシアブラのペペロンチーノ
材料はコシアブラ、鷹ノ爪、にんにく、オリーブオイル、サラスパ

まずサラスパを少な目のお湯で硬めに茹で、茹で汁が少し残る程度で火を止めます(写真撮るの忘れた)

image 2017-05-01-11-40-19
オリーブオイルににんにくと鷹ノ爪を入れて加熱、にんにくの良い香りがしてきたら刻んだコシアブラを投入。

2017-05-01-11-41-46
茹で汁を加えて煮立てた後、先ほど茹でたサラスパを混ぜ合わせれば出来上がり

IMG_1056 2017-05-01-18-25-43
夕飯は山菜天ぷら

IMG_1059 IMG_1060
そして翌朝はコシアブラご飯

春の味覚、堪能しました



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

2017年4月15日(土)時々

RIMG9093_R
初めての山天ぷら

メンバー:ふーさん、山モンさん、かずぞうパパ

普段は行動時間を確保するため、特に冬期は体を冷やさないため、「山メシ」は簡単短時間で済ませることが多いのですが、今日は山メシがメイン。
この時期だけ採れる山菜を食べる分だけ採取してそのまま山頂で料理して食しちゃおう企画。

2017_0415_063946-P4157982
山メシ企画でも本日の行程は17km、登山口にたどり着くまで約1時間半!
 
RIMG9098_R RIMG9099_R
スタートから5時半かけて山頂到着 さあクッキング開始

RIMG9094_R RIMG9089_R
タラの芽を天ぷらに ふーさん手製のコンロ台は抜群の安定感

RIMG9088_R 2017_0415_124702-P4158008
コシアブラはまだ小さかったけど刻んでコシアブラご飯に

2017_0415_140541-P4158018 2017_0415_140636-P4158021
全員アルコールは入っていません、・・・念のため


今年の冬は雪が多かったので花の時期が遅れているという情報が飛び交っており、少し不安があったのですが、山菜採り+山メシ企画を決行。
タラの芽は第一芽の大半が狩られていた一方、コシアブラは少し時期が早かった。
それでも何とか食べるだけの山菜を採取、山頂クッキングへ。
山頂は風が吹いていましたがふーさん自作のコンロ台と風除けで火力は安定。山モンさん、山天ぷらは手慣れたもの。次々に揚がってくる出来立ての山菜天ぷらをおいしく頂きました。
コシアブラご飯はまだ小さい芽を刻んで作りましたが、小さくても香りはさすがコシアブラ。
春の味覚を堪能しました・・・が、もう一回ぐらい企画したいな











2016年12月3日(土)

6週間ぶりの山歩き、最初の山は鈴鹿山脈の鎌ヶ岳
入道ヶ岳、雲母峰をセットにした周回ルートを歩きました。

RIMG7137_R
鎌ヶ岳(1161m) 

メンバー:山モンさん、かずぞうパパ

西名阪道が朝6時まで夜間工事通行止なのを失念していたので天理まで一般道を走ることになり宮妻峡登山口への到着は30分遅れ。登山開始は7時過ぎになりました。

RIMG7076_R
山モンさんとの山歩きは2ヶ月ぶり

RIMG7079_R
まずは入道ヶ岳へ

RIMG7080_R
入道ヶ岳(906.1m) ここは360度の大展望

RIMG7086_R
鎌尾根~鎌ヶ岳~御在所岳

RIMG7074_R
最後に登る予定の雲母峰

RIMG7083_R
遠くに雪を冠った御嶽山が見えました
ここからさらに右の方角には先っぽだけ白い三角の山が見えていて、
富士山だと思うのですが写真には収められず

RIMG7084_R
伊勢湾が輝いています

RIMG7093_R
仏岩

RIMG7123_R
鎌尾根

RIMG7144_R
西側には雨乞岳の稜線

2016_1203_110129-PC035725_R
鎌ヶ岳の一つ手前の峰でランチタイム

2016_1203_110928-PC035727_R
続いてコーヒータイム

RIMG7147_R
鎌ヶ岳にアタック 険しそうに見えますが10分ほどで登れます

RIMG7150_R
鎌ヶ岳に登頂

RIMG7155_R
最後は雲母峰(888.4m)

RIMG7156_R
雲母峰三等三角点

RIMG7159_R
P791から尾根を南下、15時過ぎに下山しました


山復帰第一戦はドボンあり、痙攣ありのドタバタ登山でさらにオプションで追加したカズラ谷分岐⇔雲母峰ピストンは思ったよりも時間がかかり下山時間の遅延が危ぶまれましたが、P791ピークから真っ直ぐに登山口に下りることが出来る尾根道を見つけたことで時間が大幅に短縮されるというラッキーもありました。
翌日は予想通りの筋肉痛祭り。でも久しぶりの山歩きだったので何故か筋肉痛も心地よい(笑)
さあ、これからまた歩き倒すぜぃ


ヤマレコ




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

2016年4月2日(土)&のち

メンバー:山モンさん、かずぞうパパ

RIMG3667_R
 イブネ

 4月2日は鈴鹿の奥座敷、イブネ・クラシへ
甲津畑登山口からイブネへはフジキリ谷を経由するつもりでしたが 「タイジョウ」という山の名前が妙に気になったのでタイジョウを経由して登ることにしました。

RIMG3628_R
甲津畑登山口 熊出没注意!の看板を見て熊鈴装着

RIMG3632_R
善住坊かくれ岩 信長が隠れていないことをチェック

RIMG3636_R
ここは左 タイジョウに登ります

RIMG3644_R
タイジョウへの長い長い激登り

RIMG3651_R
登頂! 最初のピーク タイジョウ(1061m)

RIMG3655_R
崩落地 落石の音にびっくりしました

RIMG3660_R
佐目峠

RIMG3661_R
東雨乞岳 この時間はまだ展望がありました

RIMG3666_R
イブネ

RIMG3667_R
イブネ  

RIMG3674_R
クラシ

広大なイブネ・クラシは貸切でした

RIMG3677_R
クラシにて 難易度Dのシェーに成功!

RIMG3690_R
杉峠を経て雨乞岳に登ります ガスが立ち込めてきました

RIMG3694_R
雨乞岳 

くしゃみをしてしまったのでハクション大魔王ではなくアクビのタンバリンが登場

RIMG3695_R
雨乞岳から南雨乞岳までは深い笹原

RIMG3696_R
これ以上茂ると前が見えなくなります

RIMG3700_R
清水頭へ

2016_0402_131143-P4021891_R
石楠花等潅木の尾根を下って

RIMG3711_R
大峠に到着  ここから綿向山方面に行くことができます

RIMG3716_R
ツルベ谷 渡渉を繰り返します

RIMG3719_R
ここから右岸に上がります

2016_0402_141247-P4021900_R
あとは普通の登山道

RIMG3731_R
最後は橋の上でお疲れシェー!

RIMG3726_R
イワウチワ

RIMG3729_R
ショウジョウバカマ

RIMG3733_R
ネコノメソウ



山モンさんのブログ「山モンLIFE」はこちら

ヤマレコはこちら
 


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

11月21日(土) ときどき

日本三彦山の一つ「雪彦山」の行場を含む8の字周回ルートを山友さんと歩きました。

RIMG1615_R
本日のメインは、大天井岳~天狗岩~地蔵岳の鎖場下降ルート

RIMG1732_R
登山口の雪彦山ポイントマップ なかなか楽しそうなルートです

2015_1121_100157-PB210268_R
本日のメンバー ふーさん、山モンさん、かずぞうパパ

RIMG1636_R
いきなりの急登を終え、「セリ岩」にトップで突入する山モンさん
メタボの人は通れないみたいですが無事三人共通過しました

RIMG1644_R
岩登り開始

RIMG1654_R
最初のピーク 大天井岳(811m) ここまでは普通の登山道

RIMG1657_R
天狗岩 これから楽しい岩岩ルートが続きます

2015_1121_091610-PB210250_R
天狗岩でシェー

RIMG1661_R
太い鎖を掴んでほぼ垂直に降下していきます

RIMG1665_R

RIMG1676_R
お次は地蔵岳に登ります

2015_1121_100157-PB210268_R
地蔵岳(720m) ちょっと重力の方向がおかしい?

RIMG1682_R
地蔵岳東稜はクライミングゲレンデ クライマーの姿が見えます

RIMG1686_R
山モンさん虹ヶ滝でシェー

RIMG1696_R
通称 鉾立山(952m) ここで昼食休憩

RIMG1698_R
うっすらと氷ノ山

RIMG1705_R
三角点雪彦山でシェー

RIMG1708_R
落葉の積もった新下山道を注意しながら下ります

RIMG1709_R
再び虹ヶ滝

RIMG1712_R
渡渉を繰り返します

RIMG1720_R
まもなく登山口、おつかれさまでした。

詳細はヤマレコ




<番外編>

2015_1121_125618-PB210292_R
これは何のポーズだ?あれ?ふーさんだけ違う・・・

2015_1121_122039-PB210289_R
何でみんなで「ちくわ」食ってんの?


詳細は山モンさんのブログ「山モンLIFE」



  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

このページのトップヘ