かずぞうパパの山歩記

近畿一円の山行記 最近は大峰・台高が多いかも

カテゴリ:登山 > 北関東・東北の山

2012年1月9日(月)


今年3回目の山歩きは昨年末に初めて登った宝篋山。今回は沢道の極楽寺コースを歩きました。


コース(タイム)


小田休憩所(8:25) - 五輪塔(8:40) - 葵の滝(9:05) - 元禄こぶし(9:30) - 宝篋山頂(9:45-10:05) - おみざらし(10:15) - 下浅間(10:25) - 富岡山頂(11:00) - 小田不動尊(11:10) - 小田休憩所(11:25)


歩行時間:2時間40分


 


小田休憩所の駐車場には既に10台以上車が停まっていました。ここから宝篋山に登るコースは3種類ありますが、今日歩く極楽寺コースを確認して出立。


小田休憩所から見た宝篋山



登山道を確認



最初はコンクリート舗装の道路を宝篋山に向かって真っ直ぐに歩きます。


最初はコンクリート舗装の道



五輪塔の看板が出てきたので本ルートから外れて寄り道しました。


五輪塔


 


奈良の西大寺にある五輪塔と同じ流れのものらしい。


極楽寺コースにはすぐに戻ることが出来ました。


沢沿いの道に入ってすぐに右側の笹藪の中から二人のおっちゃんが出てきました。ちょっと登山者とは格好が違います。ハンターでした。仕留めたイノシシを引きずって下りてきました。ここまで歩く途中にも銃声のような音は聞こえてきましたがまさか登山道の近くで撃ってないよね。


しばらく歩くと小さな滝がいくつも現れました。


慈悲の滝



五条の滝



こころの滝



白滝



葵の滝



沢沿いのコース脇には年末に岩湧山で見たフユイチゴがあちこちで見られました。


フユイチゴ


 


純平歩道に合流したあたりから大きな岩が出てきました。どれも層になっており堆積して出来た岩であることが分かります


大岩群


 


 


山頂へ



元禄こぶし



山頂には10時前に到着しました。


宝篋山頂



前回見つけられなかった三等三角点は宝篋の裏側にありました。


宝篋と三等三角点


 


山頂には15人くらいの団体が休憩していましたが筑波山側のベンチは空いていたので一番前のベンチで休憩しました。一昨日の筑波山は寒くてジェットボイルが不調だったので今日は山でのランチはしない計画でした。今日はテルモスのコーヒーと最近はまっている黒カリントウ。


10時のおやつ



昨日、一昨日は寒かったのですが今日は暖かくランチ日和でした。その代わりに展望はいまいちで富士山も日光連山もかすかに見える程度でした。


もちろん筑波山は目の前にデンとそびえていました。ここから見る筑波山は美しい。


筑波山



20分休憩後に下山開始。下山は小田城コース。


下山開始



前回パスした「おみざらし」(水場)に行ってみましたが水は枯れていました。


おみざらし


 


小田城コースは傾斜の緩いコースでした。途中に立ち寄った富岡山頂は標高が低いものの(111m)筑波山と宝篋山両方が見える陽だまりの山頂でした。ここで休憩するのもなかなか良いかもしれない。


富岡山頂



山頂から見える筑波山と宝篋山



富岡山を過ぎてからは中世・城の道を歩きましたが小田不動尊を見るためにルートを外れました。


小田不動尊


 



結局、中世・城の道には戻らず本来の小田城コースに合流して小田休憩所に戻りました。


小田休憩所



3連休最後は楽々の山歩きでした。宝篋山、本当に良い山です。次回は常願寺コースを歩いてみよう。


 


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


 


 


 


2012年1月7日(土)


つくばに戻り最初の山歩きはやはり筑波山。昨日は会社で筑波山神社に参拝したのですが今日は男体山、女体山に参拝しました。


コース(タイム)


薬王院コース登山口(8:10) - みかん園コース登山口(8:25) - 自然研究路分岐(9:35) - 男体山(9:55) - 女体山(10:10) - 御幸ヶ原(10:20-11:05) - 坊主山(11:20) - 薬王院コース登山口(12:05)


歩行時間:3時間10分


薬王院コースの登山口には8時過ぎに到着。車は他に1台しか停まっていませんでした。前回同様、みかん園コースの登山口まで林道酒寄線を歩きます。


薬王院から見た筑波山



みかん園までは10分程度。西側の展望が開けており富士山がきれいに見えました。


みかん園



富士山



みかん園コース


 


歩行開始時は寒かったのですがすぐに暑くなってきたので上着を脱いでいるとおっちゃんに抜かれました。が、ちょっと先で一服していたところを抜き返しました。


標高が上がってくると岩がゴロゴロしており場所によってはそれを乗り越えて進みました。


岩がゴロゴロ


 


自然研究路に合流して第一展望台に向かいました。


第一展望台からは富士山はもちろん、うっすらですが東京スカイツリーが見えました。筑波山からスカイツリーを見たのは初めてでした。


富士山



東京スカイツリー



霞ヶ浦



宝篋山



自然研究路から男体山の奥にショートカットできる道を見つけたのでそちらを歩くと危険な石段を通らずに男体山に行くことができました。


男体山



御幸ヶ原に下りると日光や那須など北側の展望が開けるのですが今日は北側の展望は良くありませんでした。


筑波連山



 


西側のコースから登るときは女体山までは行かないのですが今日は御幸ヶ原を通り過ぎ、久しぶりに女体山まで歩きました。


女体山へ



ロープウェイが着いたようで御幸ヶ原にたくさんの人が下りてきました。少年野球のユニホームを着た団体も3組ぐらいいました。


女体山に到着。ここは、いつも混雑しているので参拝と三角点タッチだけ済ませて早々に退散しました。


女体山


 


富士山はかなり霞んできました



天浮橋(あめのうきはし)



御幸ヶ原に下りてお昼にしました。


再び御幸ヶ原




今日は天気は良かったのですが気温が低くジェットボイルは不調でお湯が沸くのに時間がかかりました。結局温かいものを飲食するのに寒い思いをしました。雪がなくてもやっぱり筑波山は寒いなあ。


結局45分休憩した後下山。下山は薬王院コース。


薬王院コースへ


 


ブナ林のあたりはあちこちイノシシに掘り返された跡が見られました。


イノシシの掘り返し


 


途中坊主山にも寄りましたがおっちゃんが休憩していたのですぐに立ち去りました。


坊主山




筑波山は林道を含めあちこちに祠が見られますが、ここに入っていたのは・・・カエル?


前からこんなのあったかな?



薬王院コースは鬼の階段コース。あまり登りには使いたくありません。みかん園コースを歩くようになってからは薬王院コースは下山専用コースになりました。


丸太階段



薬王院コースの登山口には正午過ぎに下りてきました。


歩行時間は3時間ちょっと。筑波山初歩きでした。


 


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


 


2011年12月10日(土)


つくばの隠れ名山、宝篋山(461m)に登りました。


コース(タイム)


平沢官営遺跡(9:50) - 山口コース分岐(10:00) - 山口コース(2)登山道入口(10:20) - 小田城コース分岐(11:00) - 宝篋山(11:15-11:55) - 万博記念の森(12:05) - 宝篋名水(12:20) - 山口コース(1)登山口(12:45) - 山口コース分岐(12:55) - 平沢官営遺跡(13:10)


歩行時間:2時間40分


当初は石裂山に登る予定でしたが寒波到来で凍結が予想されたので標高の低い宝篋山に変更しました。「茨城県の山」(山と渓谷社)には載っていなかったので筑波山より東側はこれまで歩いたことがなかったのですが実は隠れ名山のようです。


大池公園の駐車場が良く分からなかったので平沢官営遺跡の駐車場に車を停めました。今日は寒いけれど雲ひとつない快晴。展望が期待できそうです。宝篋山に登るコースはいくつもあるようですが初回の今日は登りを山口コース(2)、下りを山口コース(1)にしました。


まずは北条大池。水が極端に少なくかろうじて水のあるところにカモが集まっていました。


北条大池


 


しばらくは車道歩き。宝篋山に向かって真っ直ぐに歩きます。舗装道路を歩くのは好きではないのですが、こののどかな道は苦になりませんでした。


車道歩き



山口コース(1)(2)の分岐が現れました。登りは右側(2)に進みます。


山口コース分岐



登り始めると道路はコンクリート舗装路になりました。筑波山が間近に見えます。


筑波山



山口コース(2)の登山口に到着。



登山道には枝道がいくつかありましたが道標が整備されていたので迷い込むことはありませんでした。


親切な道標



登山道はほとんどがサワラの林の中であちこちにイノシシが掘り返した後がありました。


イノシシのぬた場


 


登山道はよく整備されており勾配も緩く歩きやすい道でした。


「おみざらし」への分岐、水源のようです



尾根上は雑木林の明るい道でした。



山頂が近づくと足元の雪が増えてきました。昨日降った雪でしょう。


残雪



歩行開始から約1時間半で宝篋山頂に到着。山頂には遠くからでも良く見えた電波塔が立っています。


電波塔



宝篋山頂


 


 


宝篋山頂は標高は低いけど360度の展望。気温が低いこともあり眺望が良くききました。


富士山はもちろん浅間山、榛名山、赤城山、日光連山どれも良く見えました。


富士山



浅間山



赤城山



日光連山



パノラマ(左から日光連山、筑波山、加波山)



東には霞ヶ浦




山頂には木製のベンチやテーブルがいくつか用意されていて山頂に着いたときはまだ空きがありました。


そこで筑波山が真正面に見えるベンチに座りランチを食べました。山頂は晴れていましたが空気は冷たく、熱い蕎麦を食べるとホッとしました。そのうちにどんどん登山者が上がってきてベンチはほぼ満席になりました。やはりこの山は人気があるようです。


コーヒーを飲み終えてすぐに下山を開始しました。下りに使った山口コース(1)は北側にあるので少し雪が多めでした。


下山開始(山口コース1)


 


10分ほど歩くとちょっとした広場に出ました。万博の森?


 


山口コース(1)はつくば市ホームページのコースガイドに下り向きと書かれているようにコース幅が広くつづら折れの緩い傾斜の道でした。


水場が現れました。


宝篋名水



1時間足らずで登山道終了


 


ここからは舗装道路です。


 


パラグライダーが飛んでいました。気持ち良さそうです。




平沢官営遺跡には1時過ぎに戻ってきました。


平沢官営遺跡



今日の歩行時間は3時間弱。でも妙に満足感のある山歩きでした。少なくとも百名山の筑波山よりずっといい。


宝篋山の登山道は沢コースなどもあるようで、この冬は何度か通ってみよ。


 


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


 


2011年11月26日(土)


袋田男体縦走コースは雪の積もった2月に歩きましたが、今回は紅葉狩り縦走を試みました。


JR西金駅(7:05) - 大円地(8:15) - 男体山(9:05-9:10) - 第二展望台(10:50-11:30) - 後山(11:40) - 月居山(12:10) - 袋田の滝(12:50) - JR袋田駅(13:35)


歩行時間:5時間45分


 


JR袋田駅に着いたときにちょうど、6時37分初の上り列車が出て行くところでした。次の上り列車は20分後の6時57分。気温はマイナス1℃。前回は寒波が来てあちこち道路が凍結した日だったのでそれに比べれば寒さは全然マシでした。


ホームの正面に立っている銀杏の木は風も吹いていないのに断続的に音を立てて葉を落としていました。


木造の駅舎



袋田駅の銀杏



とても静かなので水郡線の上り列車が近づく音がかなり前から聞こえてきました。


上り列車



水郡線はsuicaもパスモも使えません。切符は車掌さんから直接買いました。2区間なので10分も乗らずに西金駅で下車しました。ここから縦走路入口の大円地までは1時間強の車道歩き。アスファルト道路を歩くのは好きではないのですが、大円地までの田舎道は雰囲気が良いので苦になりません。途中、男体山に向かうハイカーから「乗っていく?」と声をかけられましたが丁重にお断りしました。


大円地に到着。駐車スペースはすべて車が停まっていました。男体山は4回目ですが駐車スペースがフルに埋まっているのは初めて見ました。やはり紅葉目的のハイカーがウジャウジャいるということか?


登山口(縦走路入口)



大円地のお蕎麦屋さんはおそらく震災の影響でしょう。熨斗瓦(のしがわら)の一部がなくなっていました。


お蕎麦屋さん



いつものように男体山は健脚コースから登りました。


健脚コースから見た男体山



遠くから見ても男体山の紅葉は筑波山よりもきれいなのが分かりましたが歩き始めると早速目の前に現れました。


紅葉1


 


一つ目の鎖場を登っているときに目の前に直径5センチ程度の石が落ちてきました。幸いどこにも当たらずに済みましたが誰かが落としたわけでもなさそうでした。鎖場を登りきると親子連れがいて小さな女の子が岩を越えるのに後ろ向きに下りていました。健脚コースは昨年のこの時期に滑落事故が相次いだため一時登山禁止になったコース。さらにこの先は鎖場が連続する。大丈夫かいな?ロープも繋がんと 


前回は雪が積もっていたので最後の鎖場は苦戦しましたが晴天の今日は全く問題なし。楽々登りきりました。登山口の車の台数から男体山頂は人で一杯かと思われましたが、山頂下の東屋に3人。山頂に4人いただけでした。みんなどこ行ったんやろ?


奥久慈男体山(653.9m)



今日は天気が良いので日光連山、高原山、那須などの山々が見えました。しかし、前回のように富士山は見えませんでした。あれはよっぽどラッキーやったんやな。


遠くに太平洋がキラキラ光っていました。これまではただきれいと思うだけでしたが、前回ここから見たその1ヵ月後にあの大津波が起こったことを考えると少々不気味にも見えました。


太平洋



北側にはこれから歩く縦走路。紅葉が楽しめそうです。


袋田男体縦走路、奥は八溝山



紅葉シーズンなので団体だらけかと思われましたが縦走路に入ってからは全く誰にも会いませんでした。紅葉を見るために17キロも歩く人がそんなにいるわけないか。


縦走路へ


 





 


紅葉2


 


縦走路は尾根歩きですが、日差しは木々で遮られていました。それでも今日は暖かいのか尾根上で意外な虫を見ました。


イナゴ?



この一匹だけたまたま居たのかと思ったのですがこの後もあちこちでピョンピョン跳んでいました。


第二展望台には11時前に到着。前回のスノーハイクのコースタイムを参考に予定を立てたので晴天の今日は50分も早くなりました。


第二展望台



第二展望台からのパノラマ




前回同様ここで昼食にしました。


ここにきて何組かハイカーが登ってきました。袋田から男体山に向かう人もいました。今日は時間に余裕が出来たので40分間ゆっくりと休憩しました。


歩行を再開して間もなく三等三角点のある後山(422.7m)に到着。



ここには誰もいませんでした。


紅葉3


 


月居山(404m)



前回は月居山から下山して袋田駅に向かいましたが今日は袋田の滝に寄り道しました。


観音堂



袋田の滝の観瀑台



生瀬の滝





袋田の滝




あちこちの店で奥久慈りんごを売っていました。わざわざ「安全です」と強調されていました。食べ物が「安全」なのが当たり前でなくなったということです。りんごを持って歩くのは重いので代わりに「りんごソフトクリーム」を買い、食べながら袋田駅に向かいました。


袋田駅到着は13時半過ぎ。久しぶりに縦走を楽しめました。


 


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ






2011年11月13日(日)


昨日は土曜出勤で今週末の休みは1日だけなので遠出はせず近場の筑波山を歩きました。そろそろ紅葉も見ごろかな?と期待していたのですが。


コース(タイム)


薬王院(8:55) - みかん園コース登山口(9:15) - 自然研究路分岐(10:30) - 男体山(10:50) - 御幸ヶ原(11:00)- 坊主山(11:15-11:25) - 薬王院(12:05)


歩行時間:3時間


3週間前は、つくし湖畔から薬王院に向かう途中でスズメバチと遭遇して撤退したので今日は薬王院まで車で上がって、そこから歩くことにしました。


今日のルートは7月に歩いたみかん園コース(登り)、薬王院コース(下り)。


9時頃に薬王院を出発。山門の脇にあるもみじの葉はまだ緑色。


薬王院


 


登山口までは舗装された林道歩き。真正面の男体山はガスがかかっています。


男体山はガス



林道の両脇に裂けた木や倒木が現れはじめました。どちらも7月にはなかったもの。落雷か、9月の台風によるものか?


倒木


  


前回はみかん園コースの登山口を間違え30分以上ロスしてしまいましたが今回は大丈夫。でもやっぱり分かりにくい。


みかん園コース登山口



地面はべったりと濡れており勾配のきついところではよく滑りました。最初は濡れた下草が多かったのでスパッツが必要かと思いましたが下草はやがてなくなりました。


マイナーなコースなのであまり人には会わないだろうと思っていたのですが前方でおばちゃんの大きな声!静かな登山道が台無し。さっさと抜き去りました。


みかん園コースは尾根の直登ですが前半はアカマツと広葉樹の明るい混合林。


アカマツ林



やがて尾根の右側にサワラの植林が現れました。



左から水の音がして谷に下りる踏み跡が続いていました。水場があるのか?


水場への路?



高度が上がってくるとモミの巨木が出てきました。御神木にふさわしい真っ直ぐで立派な木でした。


モミの巨木


 


さらに高度が上がると勾配がきつくなり大きな岩がゴロゴロ出てきました。



自然研究路に合流。T字路を右に折れました。


自然研究路分岐


 


自然研究路に入ると紅葉した木が出てきましたが、色づき具合は、うーんもうちょっと。


自然研究路の紅葉


 


自然研究路の途中から男体山への分岐があったので男体山に上がってみました。今日は観光客が多く男体山頂は人だらけ。すぐに下りました。


御幸ヶ原に下りてくると観光客の多さが分かりました。とても女体山まで行く気にはなりませんでした。


御幸ヶ原、奥はガスで霞む女体山


 


静けさを求めて坊主山へ向かいました。薬王院への分岐までは再び自然研究路を歩きました。


こちらも紅葉していましたが3日に見た日塩もみじラインの紅葉には到底及ばないものでした。


紅葉


 


黄葉



坊主山に着きました。


坊主山(710.0m)



展望はありませんが、ここには人は居らず静かな山頂を楽しむことが出来ました。


下山は丸太階段の続く薬王院コース。薬王院コースへの分岐ですれ違った登山者が坊主山に入っていきました。坊主山ファンは他にもいるようです。


薬王院に下りてきました。薬王院の向かいにあるみかん畑では小ぶりなみかんが色づいていました。


みかん



歩行時間はちょうど3時間。適度なお散歩でした。


 


筑波山の紅葉は、・・・まだ早かったようです。


 


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


 


このページのトップヘ