かずぞうパパの山歩記

近畿一円の山行記 最近は大峰・台高が多いかも

カテゴリ:登山 > その他の山域

2010年11月3日(水)



ほぼ一月ぶりの山歩き。

紅葉狩りの観光客による渋滞を避けるため日光、那須はNG。

今回初めて長野県の山、浅間山に登りました。



コース(タイム)

浅間山荘(7:00) - 一ノ鳥居(7:30) - 二ノ鳥居(7:45) - 火山館(8:25) - 前掛山登山口(8:45) - 立入禁止告知板(9:25) - 浅間山(前掛山)山頂(9:45-10:00) - 火山館(10:55-11:30) - 浅間山荘(12:30)

歩行時間:4時間40分



朝4時に出発。北関東道→東北道→R50→北関東道→関越道→上信越道と乗り継ぎ、約3時間で浅間山登山口のある浅間山荘に到着。浅間山荘の駐車場は既に半分埋まっていました。観光バスまで停まっていました。



団体の後で出発するとパスするのに難儀するので支度をしてすぐに歩き始めました。



登山口の鳥居





案内板





出立





目の前の山に霧氷が付いているのが見えました。今日は寒そうです。



霧氷





一ノ鳥居から二ノ鳥居までは登山道が二手に分かれていました。登りは沢沿いの道を選びました。



途中で火山館のストーブ用の薪が置いてあったので一本ザックカバーに挟んで歩きました。



不動滝





二ノ鳥居でもう片方の道と合流。ここからしばらくは黄葉したカラマツの林の中を歩きました。

カラマツは落葉樹なので明るい林でした。



カラマツの林





火山館で薪を下ろし、水分補給だけしてすぐに歩き始めました。



火山館、浅間神社





この辺りから足元に霜柱が立ち始めました。



霜柱





前掛山登山口までは平坦な草原を歩きました。



草原歩き





本日の目的地、浅間山が見えてきました。霧氷で真っ白になっていました。



浅間山





前掛山登山口からはガレの登りになりました。ここまでは比較的緩やかな勾配でしたがここからは山登りらしい道になりました。この辺りから急激に寒くなり被っていたバンダナを毛糸の帽子に取り替えました。



浅間山へ





稜線に出たところに立入禁止告知板がありました。看板にもびっしりと霧氷が張り付いていました。浅間山は活火山で火山ガスを放出しているため外輪山の前掛山までしか行くことが出来ません。



立入禁止





ここから前掛山までは稜線の道。歩き出したら冷たい突風に煽られました。顔面が凍るかと思うほどですれ違う人と交わす「こんにちは」がぎこちなくなって来ました。霧氷があることから氷点下であることに間違いは無いのですが突風が加わり体感温度はマイナス10℃でした。



前掛山までの稜線の道





あまりの強風のため石が谷に向かって飛んでいくのが見えました。



気候の良い時期であれば気持ちの良い稜線の道なのでしょうが今日は寒風地獄でした。



登山口から2時間45分で前掛山(2524m)に到着。



浅間山(前掛山)山頂碑





目の前では浅間山が噴煙を上げており、南側には八ヶ岳?富士山も見えました。



噴煙を上げる浅間山





八ヶ岳?





富士山





山頂碑の先にも立入禁止看板があり海老のシッポが出来ていました。



海老のシッポ

 



兎に角寒かったので15分ほどで下山を開始しました。



下山





観光バスの団体を含め多くの登山者とすれ違いました。そのうちあの狭い山頂は一杯になってしまうでしょう。早く登っておいてよかった。



火山館の外にあるテーブルで昼食にしました。今日はミルクシーフードヌードルでしたがジェットボイルにパワーが無い。火山館の外壁にぶら下がった温度計は2℃。その下にあるバケツには氷が張っていました。あまりに寒い場所にいたので2℃を暖かく感じていたようです。



火山館





何とかコーヒーも煎れることができました。30分ほど休憩して再び歩き始めました。高度が下がってきたので少しずつ暖かくなり毛糸の帽子は元のバンダナに交換、上着も脱いで歩きました。



浅間山荘には12時半に戻ってきました。浅間山荘で温泉に入りました。浅間山荘の温泉(天狗温泉)は真っ赤な鉄泉でした。体が冷え切っていたので温まるのに時間がかかりましたが、温泉を出た後は火照りを冷ますのに時間がかかりました。



浅間山荘





初めて登った浅間山はこれまでに登った山の中で一番寒い山でした。もう2500メートル級の山は今年はこれで最後やな。



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←よろしければクリックをお願いします


今夏の家族旅行は蒜山・大山の旅。

2日目の8月3日には家族で大山(弥山1709m)に登りました。



8月3日(日)



コース(タイム)

夏山登山口(9:00) - 大山六合目(10:50) - 弥山山頂(12:05-13:00) - 大山六合目(14:15) - 夏山登山口(16:00)



旅行初日の2日(土)は蒜山のヒルゼン高原センターで遊び大山の大和ロイヤルホテルに宿泊。2日目はホテルを8時半に出発して大山情報館の駐車場に8時45分に到着。駐車場からはこれから登る大山が見えていましたが山頂には雲がかかっているようでした。



大山情報館駐車場から見た大山





大山寺に向かう歩道をしばらく歩き、途中で右折。モンベルのそばにある橋を渡ると夏山登山道の入口ですが、看板が隠れていてすぐには見つかりませんでした。



夏山登山道入口の看板





9時ちょうどに登山口を出発。標高差900メートル。なんちゃん、あーたんには初めての日本百名山です。



出発





地図で見ると登山道は尾根の直登。山頂までひたすら登り。等高線の間隔を見ると全部階段か?

最初はブナの森の中の緩やかな階段を登ります。



最初はブナの森





階段状のコース上には多数の石が転がっていて子供たちには歩き辛く苦戦を強いられていました。早朝から登って下りてきた人達に聞くと山頂は雲がかかっていて何も見えなかったとのこと。でも六合目からはきれいに見渡せたようです。



約1時間かけて六合目に到着。六合目避難小屋の前は北側の展望が開けており多くの人が休憩していました。



六合目避難小屋





六合目からは駐車場のある大山寺周辺の町もここまで登ってきた尾根も良く見えました。また昨日泊まった大山ロイヤルホテルも西側に見えました。



東側の展望





北側の展望





大山寺の町





ズーム





登ってきた夏道登山道





昨日泊まった大山ロイヤルホテル





六合目を過ぎ、九合目までは段差がきつくなり子供たちは手足を使って上り始めました。最初ぐずっていたあーたんはエンジンがかかってきたようで、すいすい登っていきます。なんちゃんは遅れ気味でした。



九合目から山頂までは展望の良い木道でした。

強風にあおられてあーたんは飛ばされそうでしたが楽しそうに木道を登っていきました。



山頂への木道





12時5分、約3時間かけて山頂に着きました。朝方かかっていた雲は一掃されて山頂は360度の展望がひらけていました。

ぐずっていたなんちゃんも山頂に着くと元気を取り戻しました。山頂にある石碑の周辺は人が多かったので記念撮影だけして避難小屋のあるところまで下りてから昼食を取りました。強風で最初ジェットボイルの火が消えてしまいましたがボンベを取り替えると「ゴーッ」とまたパワーを取り戻しました。

山頂の気温は22℃。強風に吹かれて多量の汗がすぐに乾いてきました。

展望の良い快適な山頂で飲むコーヒーの味は格別でした。ちょっと風はきつすぎましたが。



大山山頂の碑





山頂からの展望

    



山頂付近はお花畑

  



帰りの時間があるので約1時間休憩した後、13時に下山を開始しました。最初の木道は歩きやすいのですぐに山頂は遠ざかっていきました。



下山開始





山頂を振り返る





木道は良かったのですが石がゴロゴロした登山道は下り難く子供たちはおそるおそる下りていきました。下りなのに登りよりも時間がかかりました。二人の手袋は真っ黒になっていました。



さっきまで快晴でしたが視界を雲が遮り始めました。やがて展望は一気にふさがってきました。ちょっといやな予感。



突然雲が





あっという間に





六合目を過ぎるととうとう雨が降り出しました。一旦止みましたが再び降り出しました。そのためここからは写真はなし。



三合目付近で小降りになり二合目から止みました。



午後4時、約3時間かけて下山しました。下山後モンベルで大山登山記念にTシャツを買いました。なんちゃんもあーたんも今までで一番高くてしんどかったお山「大山」を踏破して満足そうでした。



お山の後はお楽しみの温泉。伯耆町にある岸本温泉ゆうあい・パルに入ってから帰路に着きました。なんちゃん、あーたん、お疲れさん。



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  ← よろしかったらクリックお願いします








このページのトップヘ